加湿器で空気を湿らせて、乾燥肌を防ぎましょう

空気が乾燥していたら、やっぱり肌に悪い?

加湿器を使って、肌の保湿ケアを行なえます。これは、乾燥肌対策になります。

加湿器を使って湿度を適切にしたら、肌の乾燥を防げます。

乾燥肌対策になる加湿器の使用

加湿器

湿度が程良い事は、肌にとっても良い事です。
もしも湿度の低い日が長い間続いたら、人の肌は乾燥気味になります。

例えば空気が乾燥している時期に、赤ちゃんが肌トラブルを起こしやすい、と言われています。
やはり、湿度が低いためでしょう。

また、アトピーになってしまった子どもに対しても、加湿する事は「とても良い効果」があるそうです。

肌の乾燥は、肌の老化をどんどん進める「きっかけ」となります。
よってスキンケアでは、保湿することがポイントとなります。

例えば、加湿の機能が付いている生活家電の一つに、加湿器があります。

適切に加湿器を使うと、乾燥肌対策になります。

肌の健康やスキンケアに興味のある方は、肌の保湿ケアを行なうために、ぜひ加湿器を利用してください。

近年、加湿器と言われている物が多数登場しています。

  • アロマも楽しめる物や
  • 空気清浄機に加湿機能が付いている物

などがあります。

たくさんの種類があるので、お気に入りの加湿器が見つかると思います。

なお衛生面においては、加湿器のタンク内の衛生面に気をつける必要があります。
もしもタンク内が不衛生になると、雑菌が蒸気中に混ざりやすいと言われています。

乾燥肌になりやすい、乾燥しやすい冬の季節

冬の季節は、乾燥が気になる季節とよく言われています。
実際に、その指摘は正しいです。

夏と冬の季節において空気中に含まれている水分量を比べると、冬は夏と比べて、水分量が5分の1以下になっていたりします。

空気が乾燥すると、人の肌にとってあんまり良くないと言えます。
なぜなら空気中の湿気が少ないため、肌の水分が奪われてしまうからです。

つまり、乾燥肌になりやすいと言えます。

部屋の空気を湿らせる加湿器

加湿器

冬の乾燥対策としては、加湿器による加湿があります。
昔に比べて、室内で加湿器を利用している人も増えていると聞きます。

室内の空気が乾燥していたら、肌の水分が取られてしまいます。
それを防ぐためにも、加湿器を使って空気を湿らせておきましょう。

強風と紫外線で、肌に厳しい春

乾燥肌を防ぐための保湿ケアは冬の季節ではもちろんのこと、夏の季節にも必要だと言われています。

そして実は、春の季節も必要だと言われています。
春になると何となく、お肌の調子が悪いという人も多いようです。

実際に春になると、肌は様々なトラブルを受けやすくなります。

冬の間、寒くて乾燥していたので、肌が弱りぎみになっています。

そんな弱っている状態の時に、春の季節になって花粉や強風、紫外線という刺激を受けるため、肌の調子が悪くなってしまいます。

乾燥して赤く炎症を起こしたり、ひどい場合は「かゆみ」が出てきたりします。

春の季節における乾燥肌の原因として、春の強風紫外線があります。

強い春の風は、肌の水分を奪ってゆきます。水分を奪われた肌は、乾燥した状態になってゆきます。

さらに紫外線が日に日に強くなってゆく季節なので、春の季節も「肌に厳しい季節」と言えます。

春は陽気な気候になり、気分が楽しくなる季節です。
ですが、スキンケアに注意が必要な季節であると言えます。

肌が乾燥している場合、化粧水を多めにして、乳液やクリームを使って念入りにスキンケアを行ないましょう。

春になっても加湿器を使いましょう

加湿器

冬の間ずっと加湿器を使っていたなら、春の季節も使い続けましょう。
室内の湿度を充分に保っておけば、肌の乾燥を防げるからです。

あと、加湿器を使う事は、花粉症という春から始まる嫌な症状にも対策できます。

空気中を漂っている花粉は、湿気を含むと重くなって床に向かって落ちてゆきます。
加湿器で室内の空気を潤す事は、花粉が空気中を漂う事を防いでくれると言えます。

あとは「こまめに床掃除をする」ことで、室内から花粉を除去できると思います。

以上の事より春の季節になっても、ぜひ加湿器を使い続けてください。

肌は水分不足、夏の乾燥肌

夏の太陽

空気の乾燥や肌の乾燥と言ったら、冬の季節を思い浮かべる人が多いでしょう。
だけど夏の季節では汗をかくことが多いので、肌が乾燥することはないと思うかもしれません。

ですが夏の季節でも、肌は水分不足で苦しんでいる場合があります。

汗をかいて、肌の表面はベタベタかもしれません。
しかし、肌の内部は水分不足という場合があります。

あと、夏の季節ならではの肌を乾燥させる原因があります。
それはエアコンです。エアコンが効いている室内では、湿度も低くなっていることが多いです。そのため肌も乾燥しがちになります。

あと、夏の季節は「日差し」が強いです。
この強い日差し、強い紫外線は、肌に大敵と言えます。
外出する時は日傘を使うなど、肌の乾燥を防ぐ対策が必要です。

夏だからこそ、加湿器を使って乾燥肌対策

加湿器

夏の季節においても、加湿器を使って湿度を適切に保つことは肌に良い、と言えます。

加湿器と言ったら、冬に活躍する家電だと思われがちです。
しかし肌の保湿を考えると、夏の季節にも活用したい家電です。

肌がカサカサに乾燥していると、老けて見えたりもします。
いつまでも若々しくありたいと願うなら、夏でも「肌の保湿ケア」をしてください。

加湿は美肌にも大切なことです。年齢を重ねても美しい肌であるためには、程良い湿度が大切です。
よって、加湿器は美容にも役立つと言えます。

エアコンで乾燥しているなら、加湿器で湿度を保つ

夏にエアコンが効いている室内では、やはり肌が乾燥しがちになります。

室内では、50%から60%の湿度が最適です。
ですが人間の肌に対しては、もう少し「高め」となる60%から65%が良い状態です。

もしも可能なら、加湿器などを用いて60%を維持するようにしましょう。

加湿器がない場合、水で濡らして絞ったタオルを室内に掛けておくだけでも、湿度を上げられます。
または、霧吹きスプレーを使って、室内に水を噴霧しても良いです。

肌トラブルの原因となる乾燥肌

例えば、毎日メイクをしている女性にとっては、乾燥肌は大敵と言えます。

お化粧のノリが悪くなることを始め、肌が乾燥すると「小じわ」ができてしまうからです。
肌の「しわ」は、老け顔の原因となります。

乾燥肌に分類される肌とは、肌の角質層にある水分の割合で示せます。
その水分の割合がおおよそ20%以下の場合、乾燥肌に分類されます。

乾燥による、肌の衰え

乾燥すると、肌の機能は衰えます。

特に冬や夏の空調による室内の乾燥は、肌に対して大きなダメージを与えます。

例えば夏の季節に肌の機能が衰えると、肌は日焼けしやすくなります。そして、「シミ」や「そばかす」ができやすい状態になったりします。

肌の「しわ」ができるのも、肌の乾燥が原因だったりします。
肌のシミの大敵は、乾燥肌だったりします。

乾燥の反対の状態、つまり

程良い湿度は、私たちの肌に「潤い」を与えます。

適度な湿度であると「しわ」になりにくい肌を作るのに良い、と言えます。
肌のシミ対策においても、湿度は大切なことです。

肌の乾燥で「かゆみ」が増す

肌トラブルの一つで、「かゆみ」があります。

特に肌が乾燥すると、さらに「かゆみ」が増してしまうこともあるようです。

症状が「ひどい場合」は、皮膚科の専門医に診てもらいましょう。

日常生活においても、皮膚の「かゆみ」が悪化しないように気をつける必要があります。

例えば部屋の空気が乾燥気味の場合、湿度を上げる工夫がいります。

もしも加湿器を「お持ちの方」は、十分な湿度になるように部屋の空気を加湿しましょう。

【まとめ記事】カサカサお肌を改善したい乾燥肌対策

乾燥肌対策の化粧品を使ったり、食品を食べたりして、ご自身で乾燥肌対策できます。 なお、自分の肌質に合う対策を行なうことが大事です。