【まとめ記事】カサカサお肌を改善したい乾燥肌対策

肌質に合う対策を行なうこと

乾燥肌に悩む女性

毎日鏡を見ていると、自分の肌の状態が気になりますよね。
寒い季節になると、肌の乾燥は最も相談が多い悩みです。

乾燥肌とは、どのような状態の肌でしょうか?
乾燥肌とは、皮脂の分泌量が少なく角質層の水分量が少ない肌のことです。

肌の水分が不足すると、「角質層の厚み」が増して、肌がくすみます。また、乾燥して硬くなった肌は、毛穴を詰まらせ、「ニキビ」や「毛穴の黒ずみ」の原因になることもあります。

乾燥肌の対処法で大切なのは、自分の肌の状態を知ることです。正しい対処をするためにも、自分の肌の状態を知ることは大切です。

例えばキメが粗く、水分量が少ない典型的な乾燥肌の方だとします。これはインナードライ肌とも呼ばれています。

この乾燥肌に対して家庭でできる対策としては、ぬるま湯と泡を使って、肌をこすらないように洗うことです。
使う化粧水は、保湿効果のある物、しっとりした物を使うと良いです。

乾燥肌対策は、いくつかあります。ご自身の肌質に合う対策を行なってください

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は、色々あります。色々ありますが、乾燥肌の主な原因と言えば、「冷房」や「暖房」「湿度の低さ」です。
季節に応じて、エアコンを使って部屋を冷やしたり暖めたりすることが、乾燥肌の原因だったりします。

また、加齢に伴う皮脂の分泌量の減少も原因のひとつです。そして、加齢による発汗量の低下も原因のひとつです。

以上の原因による乾燥肌については、エアコンによる部屋の空調を適切にすることで、ある程度防ぐことができます。部屋の温度と湿度については、肌になるべく優しい状態にしてください。

外気の乾燥など、乾燥肌の原因

乾燥肌の原因として、例えば外気の乾燥があります。 乾燥により、「肌の保水力」が低下して、カサカサになります。

乾燥肌対策の化粧品

化粧水を使って乾燥肌対策

洗顔後は、すぐに化粧水をつけて、できるだけ早く肌をケアしてください。
ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれた化粧水を使用します。

基本的に手で化粧水をつけます。コットンを使うと、肌を少しこすってしまうので、肌を傷つけてしまうことがあります。
乾燥肌や敏感肌の方は、「手のひら」で優しくパッティングして押さえるようにすると、保湿成分が肌に浸透しやすくなります。

その後、乳液、美容液、最後にクリームを塗って、保湿成分が逃げないようにしっかり封じ込めます。

化粧水を使って乾燥肌対策

乾燥肌対策では、化粧水をたくさん使うことが大事です。 化粧水の量を増やすほうが、乾燥肌は改善されます。

乾燥肌の人に向いているリキッドファンデーション

リキッドファンデーションは油分を多く含み、乾燥肌や普通肌の人に向いています。

乾燥肌の人に向いているリキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、「化粧持ち」が良いです。 カバーする力(ちから)があり、乾燥肌の人に向いていると言われています。

保湿クリームを塗る事

肌の乾燥を防ぐために保湿クリームを体に塗る、という人は多いでしょう。

乾燥肌用のクリームの多くは、油分を補給することを目的としています。
顔の場合では、特に目元や口元は皮脂腺が少なくて油分が分泌されないため、どうしても乾燥しやすいです。

目元のような油分の少ない部分の乾燥肌を防ぐ場合は、保湿クリームをひと塗りすることで防げます。

ところで、小鼻の乾燥が気になる人は少ないです。脂取り紙で油分を拭き取っている人が多いようです。油分が分泌される小鼻については、保湿クリームは不要です。

手軽にできる乾燥肌対策・保湿クリームを塗る事

乾燥肌を防ぐ対策として、保湿クリームを使ってみましょう。 クリーム(ゲル状)なら、肌全体に塗りやすくて使いやすいと思います。

ワセリン

乾燥肌用のクリームは、大きく分けて2種類あります。医療用医薬品と薬局で売っている大衆薬です。
医療用医薬品は、購入する際、医師の処方箋が必要です。これに対して市販の大衆薬は、「処方箋なし」で購入できます。

市販の大衆薬は、複数の成分が組み合わさってできています。そのため、成分の種類や量を自分で理解することが大切です。

例えば、少しカサつく程度の乾燥肌であれば、白色ワセリンで十分かもしれません。こまめに塗布することで、乾燥肌の改善を期待できます。
白色ワセリンは特別な製品ではなく、どこの薬局でも手に入ります。価格も安価です。

乾燥肌を改善したいなら、ワセリンを塗りましょう

乾燥肌の症状を診てもらうために医者に行くと、スキンケア用にワセリンを処方されたりします。 乾燥肌に対しては、ワセリンを塗って保湿すると良いです。

乾燥肌対策の食べ物・飲み物

セラミドを摂取して乾燥肌対策

乾燥肌とは、肌の角質層にある細胞間脂質(セラミド)や皮脂の量が、標準値よりも少なくなることです。そんな少ない状態では肌(表皮)から水分が蒸発して、肌表面が乾燥してカサカサになります。

セラミドは、化粧品に使用されている美容成分として有名です。乾燥肌やアトピー肌の保湿に良い、とされています。

私たちの肌の一番外側にある角質層は、何層もの角質細胞で構成されており、その角質細胞の間をセラミドなどの細胞間脂質が埋めています。
簡単に言うと、セラミドは角質細胞同士を繋ぐ糊(のり)のようなものです。

セラミドのおかげで、私たちの肌はいつもしっとりと潤っています。また、「ほこり」や「花粉」「紫外線」などの外的刺激から、肌を守るバリア機能としての役割も担っています。

乾燥肌やアトピー肌の人は、セラミドが不足していて肌トラブルが起こりやすい、と言われています。
そのような肌トラブルを防ぐには、不足しているセラミドを補うしかないです。

食べ物では、こんにゃく芋にセラミドが含まれていることが知られています。
こんにゃく芋のほか、小麦、大豆、キビ、ほうれん草、米、ヨーグルト、ゼリーなどにもセラミドが含まれています。

こんにゃく芋のセラミド含有量は、お米の7〜15倍もあります。こんにゃく芋のセラミドは副作用がないので、安心して摂取できます。

潤い成分セラミドを摂取して、乾燥肌対策しましょう

乾燥肌の人に必要な成分の一つ・セラミドは、食品からも補給できます。 例えば「こんにゃく」に、セラミドが含まれています。 また、セラミドのサプリもあります。

水分を補給して乾燥肌対策

乾燥肌を防ぐための「肌の保湿」とは、肌に直接水分を与えることです。例えば、肌に対して化粧水を使ったり、加湿器で「肌の周り」の空気を潤すなどです。

実は、肌の「みずみずしさ」と「潤い」を保つ方法は他にもあります。
それは、飲み物で水分を補給する方法です。

肌が乾燥している場合は、体内の水分が不足している可能性があります。
加齢に伴い、体内の水分保持能力は低下していきます。だから、「肌の潤い」を保つには、きちんと水分を補給する必要があります。

水分を補給して乾燥肌対策をしましょう

乾燥肌対策として、飲み物によって体内の水分を補う、という方法があります。 「肌の潤い」を保つには、適切に水分を補給する必要があります。

加湿器で乾燥肌を防ぎましょう

室内の空気が乾燥気味なら、加湿器を使って湿度をコントロールするのも乾燥肌を防ぐのに役立ちます。

加湿器で空気を湿らせて、乾燥肌を防ぎましょう

湿度が程良い事は、肌にとっても良い事です。もしも湿度の低い日が長い間続いたら、人の肌は乾燥気味になります。 適切に加湿器を使うと、乾燥肌対策となります。

お風呂での乾燥肌対策

「乾燥肌」や「かゆみ」の対策には、熱い「お風呂」はダメです。

お湯が熱くなればなるほど、肌は温まりますが、かゆくなります。
ですから「乾燥肌の方」や「かゆみのある方」は、ぬるめの温度で、ゆったりと入浴することを心がけてください。
寒い日では熱い「お風呂」に入りたくなりますが、乾燥肌にはあまり良くありません。

また、乾燥肌をケアするためには、入浴剤の確認も重要です。
現在販売されている入浴剤には、温泉気分のもの、アロマのもの、海をイメージしたものなど、さまざまな種類があります。

入浴剤はどれも肌に良いと思い込んで使っている人も多いようです。
乾燥肌には向かない入浴剤も、もちろんあります。例えば、着色料がたくさん入っている物はダメです。

熱い「お湯」を使わない、お風呂での乾燥肌対策

乾燥肌の「お風呂」対策を、以下に書きます。 熱い「お湯」を、使わない事。 ゴシゴシと、肌をこすらない事。 肌に付着した石鹸を洗い流す事。

乾燥肌のため泣いてしまう赤ちゃん、対策できる事

赤ちゃんの乾燥肌について心配している親御さんは、少なくありません。
しかも赤ちゃんとは、コミュニケーションがうまく取れないことも多いので、かえって乾燥肌を悪化させてしまうこともあります。

ここでは、赤ちゃんの乾燥肌対策について考えたいと思います。

乾燥肌の赤ちゃんは、首や足首だけでなく、全身がカサカサになったり、湿疹ができたりすることがあります。
これらは、すべて乾燥肌ということができます。時には、アトピー性皮膚炎が見られることもあります。

赤ちゃんの乾燥肌については、まずは小児科医に診てもらうのが一番です。

乾燥肌のため泣いてしまう赤ちゃん、対策できる事

赤ちゃんの乾燥肌対策として、お風呂に赤ちゃんを入れる際の洗い方があります。 洗う際は、柔らかなタオルで軽く「汚れ」を浮き出させるように洗います。

男性の乾燥肌対策

男性の乾燥肌が悪化する原因の一つは、毎日の髭剃りによる肌表面への傷です。肌表面のバリア機能の低下と、水分蒸発による肌の水分量低下は、乾燥肌の悪化と関係があります。

一般的に、男性のほうが肌の「お手入れ」に関しては無頓着です。
しかし正しいスキンケアを行なうことで、男性のカサカサ肌を改善できます。

保湿することが大切と言える、男性の乾燥肌対策

乾燥肌の対策としては、まず保湿することです。 保湿クリームなどを用いて、腕や背中の肌に保湿成分を与えましょう。

乾燥肌の「かゆみ」を抑える方法

肌の「乾燥」や「かゆみ」は、角質層の細胞間脂質と皮脂の加齢による減少、石鹸の使用頻度が多い事による肌のバリア機能の低下が原因である、ということが多いようです。

「かゆみ」を和らげる方法として、患部を短時間だけ冷やすという方法があります。
保冷剤をはさんだ乾いたタオルや、冷水を入れたビニール袋などを使って、短時間だけ冷やすと良いです。

乾燥肌の「かゆみ」を抑える方法

乾燥肌の「かゆみ」を和らげる方法として「冷やす」という方法があります。 短い時間だけ冷やすと効果的です。