乾燥肌の人に向いているリキッドファンデーション

乾燥肌の場合、どんなファンデーションを使ったら良いですか?

リキッドファンデーションは乾燥肌の人に向いている、と言われています。

リキッドファンデーションを使ったら、肌の乾燥を抑えられます。
肌が乾燥していても、ツヤ感ある肌に見えるでしょう。

乾燥肌の人に向いているリキッドファンデーション

リキッドファンデーション

当然ですが、肌が荒れている場合、ファンデーションのノリは悪いです。

例えば乾燥肌の場合、ファンデーションを塗りたくってもが吹いたり、ムラが出たりします。
かえって余計に汚く見えたりします。

ファンデーションには、リキッドファンデーションとパウダリーファンデがあります。

リキッドファンデーションは、「化粧持ち」が良いです。
カバーする力(ちから)があり、乾燥肌の人に向いていると言われています。

乾燥肌の人はパウダーを使うと乾燥が目立ちますが、リキッドファンデーションを使うことで肌の乾燥を抑えられます。

ちなみにパウダリーファンデについては、手軽に「化粧直し」ができて、つけ心地が軽いです。脂性肌の人に向いています。

以上のように言われていますが、それほど「こだわる必要はない」と思います。
参考程度に考えていただけたら、と思います。

リキッドファンデーションの塗り方

メイクをする際のリキッドファンデーションの塗り方について、ご紹介したいと思います。

  1. 少しのリキッドファンデーションを指やスポンジで取り、額(ひたい)などの広い部分から塗ります。
  2. 塗る方向は、顔の内側から外側に向かって塗ってゆきます。
  3. 最初は塗り込むというよりも、ファンデーションを肌の上に置いて馴染ませる感じにします。
  4. 肌の厚い部分には、ややしっかりと塗ってゆきます。
  5. 皮脂分泌の多いTゾーンや、化粧くずれしやすい目元・口元などは、そんなに多く塗りません。
    少しのファンデーションを筆につけて、叩きながら肌に乗せてゆくように塗ってゆきます。

リキッドファンデーションによる化粧仕上げ

リキッドファンデーションを用いた化粧仕上げでは、

ファンデーションを肌に密着させるために、何もつけていないスポンジでファンデーションを叩いてゆきます。

この化粧仕上げは、以下の事に役立ちます。

  • リキッドファンデーションの塗りすぎを防ぐ。
  • 塗りすぎたファンデーションを落とす。

よって、化粧崩れを防げます。

メイクをする時、リキッドファンデーションを使う人は多いと思います。

リキッドファンデーションは、より素肌に近い自然な仕上がりになるのが特長です。

固形パウダーよりもしっかりとしたメイクの仕上がりを求めるなら、リキッドファンデーションがおすすめです。

化粧下地
リキッドファンデーションと化粧下地・イメージ画像

自分の肌に合うファンデーションを見つけましょう

首の色と同じ色を選ぶ、ファンデーションの色

ファンデーションの色の選び方では、首の色と同じ色のファンデーションを選びましょう。

「そばかす」や「シミ」などが気になる方は、少し暗めの色を選んでみましょう。

なお、オークルやナチュラルを使っていると、時間が経つと皮脂とファンデーションが混ざり合って、「くすんだ感じ」になってきてしまいます。

「化粧直し」の際にはピンクを使ってみるなどして、1色だけにこだわらないようにしましょう。
肌の色は明るいほうが、元気で若々しい印象になると思います。

スキンケアもできる、ファンデーションの美容液成分

近年では、ファンデーションの中に美容液成分が配合されている物もあります。
メイクと同時にスキンケアができるので、人気があります。

肌に合わない人もいる、外国のファンデーション

個人差がありますが、外国のファンデーションが肌に合わないという方もいるようです。

日本人向けと言われている物なら、ピッタリ合う場合があります。

様々なファンデーションを試して、自分の肌に合う物を見つけてください。

【まとめ記事】化粧品を使ったり食品を食べたりなど、自分でできる乾燥肌対策

乾燥肌対策の化粧品を使ったり、乾燥肌対策の食品を食べたりして、ご自身で乾燥肌対策できます。 なお、自分の肌質に合う対策を行なうことが大事です。