肌に「潤い」が欲しいなら、保湿パックを使いましょう

肌に「潤い」が欲しいなら、傷つけない事

「メガネ拭き」で顔をこすると、驚くほど肌が「つるつるスベスベ」になった。ある時期、このような方法がブームになったそうです。
しかしこの方法は肌にとって悪い、と言えます。無理に肌の表面にある物を、はがしているからです。未熟な状態の角質層が「むき出しになってしまう」からです。これでは、乾燥肌になってしまう可能性があります。

日常において、肌を傷つけないように気をつける点があります。例えば入浴の仕方です。体を洗う際、肌の表面の角質を傷つけないように気をつけましょう。
体を洗う時は、石鹸をよく泡立てて、泡を撫でるようにして洗いましょう。「手」または「柔らかい手ぬぐい」など使って、優しく洗います。
ゴシゴシと肌の表面を洗わないようにしてください。肌の表面をゴシゴシ洗うと、角質層が壊れてしまうからです。

スキンケアにおいても、皮膚に対して「不必要な負荷を防ぐこと」が大事です。具体的に言えば、洗顔やクレンジングをやり過ぎないこと、紫外線対策することです。

肌を潤わせる保湿パック

肌が乾燥してくると、メイクのノリが悪くなってきます。そんな時は、どうしたら良いでしょうか。乾燥肌の原因がわからないまま無理やり厚化粧をしても、美しく化粧できないです。なので、やめたほうが良いです。

肌が乾燥してくるとバリア機能が低下して、角質が厚くなります。これでは美容液などが、なかなか肌に浸透してくれません。
そんな時に役に立つ物が保湿パックです。保湿パックは、角質層の奥まで「潤い」を与えてくれます。メイクのノリが悪い時に、即効のケアとして効果があります。

固まるタイプ

最近ではシート状の保湿パックが、よく使用されているようです。でも、昔から売られている固まるタイプのパックのほうが、効果があるようです。

ところで、なぜパックが肌の奥まで「潤い」を浸透させてくれるかと言うと、肌を密閉することで表面から水分が蒸発することを防ぐからです。
シート状のパックにおいては、肌を完全に密閉できません。わずかですが、表面から水分が蒸発してしまいます。よってシート状のパックよりも、固まるタイプのパックのほうが効果があると言えます。

洗い流すタイプ

メイクのノリを改善する保湿パックについては、

肌に伸ばすと石膏のように固まって、後から水で洗い流すタイプの保湿パックが、一番効果があるようです。
美容パックをしている女性

乾燥しやすい冬場の季節では週に2回くらいの頻度で、保湿パックを行なうことが理想的と言えます。

メイクのノリが悪いと、外出する気分になれないかもしれません。普段から保湿ケアをして、お肌も気分も良くなるスキンケアを心がけましょう。

以上のように保湿パックで「お手入れ」してあげると、きっと美しい肌になれるでしょう。ぜひ、このような美容パックを使ってみてください。

サプリメントを併用すると、なお良いです

保湿パックを使って外側から肌をケアしてあげると同時に、サプリメントによって美肌成分を取ってみましょう。保湿パックだけを使う時よりも、さらに美肌になることを期待できると思います。

サプリメントを利用して体の内側から(内臓から)肌をケアすることも、大切と言えます。

保湿の効果を期待できる美容成分の一つに、ヒアルロン酸があります。例えばヒアルロン酸のサプリメントは、スキンケア製品としてよく知られている物です。
ヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンという成分の隙間を埋めて、保湿の効果を生み出します。よって、肌に「ハリや潤い」を与えます。
「肌の潤い」が気になる方は、ヒアルロン酸を試してみると良いです。