「小じわ」をどうにかしたい…

肌が乾燥気味で「乾燥小じわ」がくっきりしていることを、どうにかしたいです。
保湿を意識していますけれど、効果を感じません。たぶん使用している化粧品の保湿力があんまり強くないのかな、という感じもあります。
自分に合った「お肌のケア」をしてハリ・弾力のあるキレイな肌を手に入れたいな、と思ってます。

当然、常日頃の手入れも頑張ってます。目の周囲に生じる「小じわ」を消したいので、コスメを使うほかに「しわ対策用のマッサージ」もやってるんです。
マッサージで注意するポイントは、指先に力を入れすぎずに軽くほぐすことです。うっかり強く押してしまうと、反対に「しわ」を増やすから駄目です。
なおマッサージ後は、気分的にも良くなります。

「しわ」が増える自己流のマッサージ

美顔器を使わずに顔をマッサージしている場合、ちょっと気をつけることがあります。
すでにご存知の方がいると思いますが、自己流でフェイシャル・マッサージを行なうと、将来逆に「しわ増えてしまう可能性が高い」と言われています。

顔においては、「リンパの流れ」があります。正しい経路でマッサージをすることが大事です。そうしないと、無意味なマッサージになってしまいます。
でも美容の素人には、正しいマッサージ方法は、なかなか「わからない」と思います。なのでやはり、プロの方に行なってもらうほうが良いでしょう。または、美顔器にフェイスケアを任せるほうが良いでしょう。

今は無理だけど、将来は自分でフェイシャル・マッサージできるようになりたい、そのように思っている人もいると思います。

すぐに正しいマッサージを覚えることは、やはり難しいでしょう。正しい「やり方」をゆっくりと確実に覚えていきましょう。ずっと美肌を保つためにも、フェイシャル・マッサージの方法を身につけることは「とても有効」と言えます。

美顔器で消せる、小さい乾燥じわ

しわのある女性
「しわ」のある女性・イメージ画像

「しわ」を消したい場合、大きな「しわ」になる前の「乾燥による小じわ」のうちに、ケアしておくことが大切です。

ケアのポイントは、水分補給です
まずは化粧水で、水分を補います。
そして美容液などでコーティングして、水分の蒸発を防ぎます。
この手順で水分を補給すれば、乾燥による「しわ」はできません。

美顔器のイオン導入

なお、肌にはバリアゾーンがあります。よって簡単に、水分が染み込む訳ではありません。
同じように普通に化粧水を皮膚につけた場合も、皮膚の表面にはバリア機能を持つ角質層があるため、浸透率は良くありません。

ですが美顔器でイオン導入を行なうと、

肌が整い、化粧水が「お肌」にぐんぐん吸い込まれてゆくそうです。

化粧水の成分がしっかりと肌に浸透すれば、「乾燥じわ」を予防できるでしょう。

最新の家庭用美顔器は、肌に水分を浸透させる力が凄いようです。なので、指で押し広げれば消えてしまうという軽い「しわ」であれば、きちんとケアすれば消せると言われています。

「小じわ」の原因となる乾燥対策に、美顔器は役立ちます。特に小さい「しわ」であれば、家庭用の美顔器で消せるそうです。大きな「しわ」になる前に、ぜひケアをしましょう。
※ちなみに、大きな「しわ」を消すことは難しいようです。真皮層と言われる肌の奥の大きな深い「しわ」については消せない、ということです。

お肌の仕組み

「お肌の仕組み」について知っておくと、美顔器の効果を「より高めること」ができるでしょう。以下に「お肌の仕組み」について、ご紹介したいと思います。

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の順で「3つの層」により構成されています。

表皮

表皮の大部分の成分は、角質細胞です。この角質細胞の「キメの細かさ」によって、「美しい肌であるか」を判断しています。
お肌が綺麗な方の肌は、拡大鏡で見るとキメが細かいそうです。この「キメの細かさ」は、例えば美顔器を使用する前と使用した後でも、「違い」があるそうです。

真皮

真皮の主な成分は、コラーゲンです。
コラーゲンは、美顔器専用のジェルとしてもよく使用されている美容成分です。

皮下組織

皮下組織は、お肌のクッションと言える部分です。外部の力から、中の細胞を守っています。