頭皮環境を改善する育毛剤

育毛剤の目的・頭皮を耕す事

市販されている育毛剤について、その目的として次のような製品があります。

  • 頭皮の血液循環を促進する。
  • 過剰な皮脂の分泌を抑える。
  • 毛乳頭へ栄養を補給する。
  • 「毛母細胞の働き」を活性化させる。
    毛母細胞を活性化させるビタミン・糖分などを、補給する。
  • 「男性ホルモンの働き」を抑える。

頭皮や髪の状態によって、これらの目的を組み合わせた育毛剤を使用することになります。

育毛

頭皮は、畑に例えると土の役目と言えます。よく肥えた土には栄養分があり、作物も育ちます。
髪についても同じことが言えます。頭皮の状態が整っていれば、髪も丈夫になって、元気に生えてきます。

育毛剤の役目は、頭皮を耕す事とも言えます。ただし肌に合わない製品を使用すると、逆効果になります。注意しましょう。

あと、育毛剤の効果を引き出すには、「頭皮そのもの」がある程度、健康であることが必要です。育毛剤は、頭皮を治療する物ではありません。

頭皮を健康に保つには、毎日の食事から、きちんと栄養を取ることも大切です。
育毛剤と栄養の摂取を適切に組み合わせて、頭皮の健康を保つようにしてください。

頭皮の回復による、期待できる効果

頭皮を回復させることで、以下の2つの効果を実感できるでしょう。

髪の毛の生え替わり正常化

頭皮が弱っていて栄養を運べなくなると、生えてくる髪の毛も弱くなり、髪の寿命も短い場合が多いです。
そんな状態では、健康な状態と同じように髪の毛が生えてくることは期待できません。

髪の毛が生えてくるためには、頭皮を元の健康な状態に戻すことが必要です。実際に頭皮が健康になれば、髪の毛が正しく生え替わります。

発毛の促進

発毛を促進させたい場合、まずは頭皮を回復させる必要があります。
最初に頭皮を回復させる。回復した頭皮の状態を維持して、発毛を促進する手当てを行なう。
この順序が大事です。

薄毛や抜け毛の要因はさまざまですが、まずは髪が健康に生えてくるように頭皮を回復させることが大切です。
実際に頭皮が回復すれば、髪の毛がすくすくと生えてきます。

自分の症状に合う育毛剤を選ぶ事

市販されている育毛剤には、様々なタイプがあります。自分の症状に合っている物を選んで、使用することになります。頭皮に注目しているなら、「頭皮ケア」をうたっている育毛剤を選ぶことになります。

ですが人によっては、育毛の効果がなかったということもあるようです。なので育毛剤をより効かせる方法を、学ぶ必要があります。育毛剤を、ただ頭に振り掛けただけでは、効果を得られない場合があるからです。

育毛剤の効果を上げるためには、「自分の症状、頭皮を確認すること」が大切です。

今から使おうとしている育毛剤が、自分の症状や頭皮に効く物であるかどうか、しっかり見極める必要があります。わからない場合は専門医に相談する、と良いでしょう。
もしも、いま使用している育毛剤であまり効果がないなら、処方の仕方を変える必要があります。

例えば頭皮の状態において、炎症、かぶれ、かゆみ、フケなどの症状があるなら、まずは頭皮の状態を正常に回復させてから、育毛剤を使用することになります。そうしないと、育毛の効果はないでしょう。

育毛の効果を上げる、続けて使う事

育毛剤を使って頭皮の環境を整えることは、脱毛症の進行を遅らせることには有効だと思います。
しかし育毛剤は、毛包が毛を作ることを応援しているだけ、とも言えます。物凄い効果や変化を、すぐに期待しないほうが良いでしょう。

育毛剤の効果を上げるには、使用する量と回数がポイントとなります。もしも育毛剤が自分の頭皮に合っている物ならば、続けて使用することをおすすめします。

なぜなら

育毛剤の効果は、使用する量と回数に比例して現れるからです。

育毛剤を続けて使うことは、お金が掛かります。ですが、本当に効いていると実感できた場合は、ずっと使い続けてください。

異常が見られたら、専門医に相談しましょう

薄毛が気になり出すと、育毛剤を使用してみたいと思うでしょう。そうすることで、薄毛になる進行を遅くすることも可能です。

しかし頭皮のタイプは、個人によって違います。十人十色と言えます。
育毛剤に含まれている成分が自分の頭皮と相性が悪くて、頭皮の状態を悪化させてしまう可能性もあります。注意が必要です。

信頼できる企業が発売している育毛剤なら、しっかりと時間を掛けてテストして開発した物です。なので使った際に、トラブルが起きることはまずないでしょう。

ただし育毛剤の成分には問題がなくても、製造過程で加えられた添加物が、敏感な頭皮を痛めることもあるそうです。使用中にトラブルが起きたら、使用を中止しましょう。可能なら専門医に相談してください。