ムダ毛を処理する際、それぞれの脱毛法についてメリット・デメリットを理解しましょう。そして、自分に合った方法を選びましょう。

安全な脱毛方法と言われている方法の一つに、医療用レーザーによる脱毛があります。そのレーザー光には、複数の種類があります。「ムダ毛処理を受ける部位」や「ムダ毛の状態」「メラニン色素の濃さ」などから、医師が適切なレーザーを選ぶことになります。

レーザー脱毛については、脱毛処理の中で即効性があり、効果が確かである方法と言われています。そして、

医療機関で行なわれる医療レーザー脱毛なら、安全性も高いと言えます。

医療レーザーを使う事は、医療行為とみなされています。なのでエステで起きる火傷(やけど)などのトラブルに遭うことは、まずないでしょう。スタッフたちは、医療機関ならではの高い技術を持っています。そのスタッフたちが施術してくれるので、安心できると言って良いです。

医師

脱毛に関しては、医師たちは「お客様」に対して「かなり気を使っている」そうです。
そして施術を受ける立場の「お客様」においても、
「脱毛の施術は、果たして大丈夫だろうか?」
「こちらが希望している結果を、得られるだろうか?」
など、少なからず不安があるということです。

少々デリケートな施術なので、脱毛を希望する人たちに対して、事前にカウンセリングを行なうようにしていると聞きます。特に安全性については、丁寧に説明するそうです。

ごくまれに肌トラブルがあるようです

とても人気のある医療レーザー脱毛ですが、残念なことに、稀にトラブルが起きているようです。

施術者の技術不足

例えば施術者の技術が未熟なために、

脱毛後の肌が火傷のようになり、シミが残ったという事例があったそうです。

別の事例では、逆に火傷を避けるために出力を弱くしたため、毛が減らなかったという事例もありました。

日焼けした黒い肌

「日焼け」をし過ぎていると、「肌の黒さ」に反応して火傷などの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。注意が必要です。

「日焼け」をすると、肌に大量のメラニン色素が生成されます。レーザー脱毛は、レーザー光が皮膚のメラニン色素に反応することで脱毛を行ないます。なので日焼けしてしまうと、レーザーが毛根部ではなくてメラニン色素に吸収されてしまいます。これでは、脱毛の効果が弱くなってしまいます。
さらに、過剰のレーザーが肌に吸収されることで、「火傷」や「水ぶくれ」という肌トラブルを起こす可能性も高くなってしまいます。

なお、通常の肌の状態で行なう場合は、レーザーで火傷するとか、色素が沈着してしまうというトラブルが起こる可能性は、低いでしょう。

信頼できる医療機関を選びましょう

脱毛を行なう場合で安心できる医療機関を見つけるには、どんな点に注目すると良いでしょうか。
色々な確認事項がありますが、一つは「質問に対して、丁寧に回答してくれること」が挙げられます。こちらの疑問や不安に対して、はっきりと丁寧に答えてくれる機関を選びましょう。

また、危険性やリスクというデメリットについても、きちんと説明してくれるかどうかもポイントです。
質問されることを嫌がっている、こちらの話を聞いてくれない、良い事(メリット)ばかり話そうとする。このような機関を選ばないようにしましょう。

なお、クリニックや医療機関の「良し悪し」を見極めるためには、施術を受ける私たちのほうも脱毛について知識を持っていることが大切になります。

施術の費用については、高額になるかも?と心配になると思います。ですが、高額な脱毛クリームを買い続けて、短いサイクルで処理し続けることと比べると、最終的な費用の差はそれほどないかもしれません。

安全で完全な脱毛を目指すためには、複数のレーザー光を使用する必要があると聞きます。なので、複数のレーザー光を取り扱っている病院を選ぶほうが、良いかもしれません。

人気がある医療レーザーの脱毛

医療レーザーによる脱毛は、エステサロンのレーザー脱毛よりも人気があるようです。

医療レーザー脱毛でムダ毛を処理すると、エステで処理するよりも効果が早く出ると言われています。
例えばエステで脱毛する場合、2年間から3年間のコースというものをよく見かけます。
医療行為で行なう場合、だいたい1年間くらいで終わるようです。期間や施術回数においては、医療レーザーを使うほうが「お得」でしょう。

医療機関ということより、万が一、レーザーによって火傷などのトラブルが起きた場合、薬を処方してくれるなど、すぐに対処できます。安全を考えるなら、医者がいる施設でレーザー脱毛すると良いです。

ちなみに実際のエステティックサロンでは、光脱毛を行なっている所のほうが多いようです。レーザー脱毛ではなくて、波長の幅が広い光で脱毛を行なっている所があります。