怒りっぽいと体毛が濃くなる?男性ホルモンとムダ毛の関係

いつもイライラして怒りっぽいと、ムダ毛が増えるって聞きました。
本当ですか?

怒りっぽい人は、血液中の男性ホルモン量が多いそうです。
男性ホルモンの量が増えたら、毛が濃くなってしまいます。

感情的にイライラしないようにしたら、ムダ毛が増えるのを防げる可能性があります。

また、GI値の低い食品を取ると、抑毛効果を期待できます。

男性ホルモンとムダ毛の関係

性ホルモンはムダ毛と関係がある、と言われています。

  • いつも気分がイライラしていると、毛が濃くなる。
  • 男性ホルモンの分泌が促進された場合、体毛が濃くなる。

このような指摘があります。

イライラしている人は、血液中の男性ホルモン量が多いそうです。

イライラのストレスにより男性ホルモンの量が増えて、毛が濃くなってしまうようです。

ムダ毛を少なくするためには、イライラしないことが大事と言えます。ストレスをうまく解消する工夫が、必要です。

不機嫌な女性

髭にも影響を与える男性ホルモン

この男性ホルモンは、髭(ひげ)にも影響を与えているそうです。

男性ホルモンの分泌が多い女性が、「髭の悩み」を抱えてしまうことがあります。

ストレスや出産などでホルモンバランスが崩れてしまった女性も、髭で悩むことがあります。

性別の特徴に影響を与える性ホルモン

このようにムダ毛と関係がある性ホルモンは、女性の特徴・男性の特徴に関して影響を与えます。

このホルモンがある「おかげ」で、異性に興味を持つようになったり、その感情に対して「反応したりする働き」が出てきます。

男性ホルモンの分泌を抑制する食品

「ムダ毛の悩み」を少しでも解消したい場合、男性ホルモンの分泌を抑えたいと思うでしょう。
実は食品によって、男性ホルモンの分泌を抑えられる場合があります。

GI値の低い食品は、「男性ホルモンの分泌を抑制する働き」があります。

つまりGI値の低い食品を取ると、抑毛効果を期待できます。

※GI(Glycemic Index):グリセミック・インデックス。食品ごとの血糖値の上昇度合いを間接的に示す数値です。

食品のGI値

食品にも気をつけつつ、ムダ毛処理を行なえば、ツルツルな肌になれる可能性があります。

以下に、GI値の低い食品を書きます。参考にしてください。

GI値の低い食品

穀物類

穀物類では、以下のものがあります。

  • 玄米
  • 中華そば
  • 日本そば
  • 春雨
  • パスタ(全粒粉)
  • パン(小麦全粒粉)
  • ライ麦パン

なお、食パンやフランスパンは、かなりGI値が高いです。食べ過ぎに注意してください。

野菜

野菜では、以下のものがあります。

  • きのこ
  • キャベツ
  • きゅうり
  • さつまいも
  • さやいんげん
  • セロリ
  • トマト
  • 葉野菜類
  • ほうれんそう

なお「じゃがいも」は、結構GI値が高いです。食べ過ぎに注意です。

果物

果物では、以下のものがあります。

  • いちご
  • オレンジ
  • キウイ
  • グレープフルーツ
  • パパイヤ
  • リンゴ

なお、「パイナップル」「バナナ」「すいか」は、GI値が高めです。食べ過ぎないようにしましょう。

魚は、多くの物が低いようです。特に青魚は、GI値が低いです。

肉では、赤身が低いようです。特に、脂肪分が少ない鶏肉が良いです。

乳製品

乳製品では、以下のものがあります。

  • 牛乳
  • チーズ
  • プレーンヨーグルト

なお、アイスクリームはGI値が高めです。食べ過ぎないように注意しましょう。

飲み物

飲み物では、以下のものがあります。

  • 紅茶
  • コーヒー

アルコール類も、比較的GI値は低いようです。

なお、コーラーやオレンジ100%のジュースは高めです。飲み過ぎに注意です。

お菓子

お菓子類では、以下のものがあります。

  • スイートポテト
  • ゼリー
  • ナッツ類
  • ブラックチョコレート

なお、「チョコレート」「ホットケーキ」「ショートケーキ」は高めです。食べ過ぎに注意です。