短時間で毛を剃れる、カミソリを使ったムダ毛処理

カミソリでムダ毛処理している女性

ムダ毛を自分自身で処理する場合、基本的には「抜く」「剃る(そる)」という方法になります。
エステやクリニックで実施される脱毛とは違い、自分で処理するので手軽に安くできます。

簡単に短時間でムダ毛の処理をできる方法に、カミソリを使う方法があります。費用が掛からないこともあって、多くの人がカミソリを利用しています。カミソリを使うことは

脚や腕という範囲が広い所のムダ毛を処理する際、便利な方法です。

腕や脚という部位については、カミソリで剃る人が「とても多い」です。なお、皮膚から出ている毛しか処理できません。なので脱毛の効果は、短期間しか実感できません。

広い範囲の脱毛では、脱毛クリームを使う人も多いようです。クリームを使うと、処理後の肌は「つるつる」です。カミソリに比べて、肌への負担は軽いです。しかし費用のことを考えた場合、特に面積の広い部分に対しては、カミソリを使う人が多いと聞きます。

一般的にカミソリを用いた脱毛処理は、

手軽に短時間で処理できて、費用においても経済的です。

カミソリでのムダ毛処理は、時間も費用もあまり掛かりません。そのため、手軽な自己処理の方法と言えます。

たっぷりの泡やシェービングフォームなどで、肌の「表面の滑り」をスムーズにしましょう。そして、そっと優しく剃ることで、肌への負担をかなり抑えることができます。
また処理後は、忘れずに保湿を行なってください。

剃り方

カミソリで剃るのはとても簡単ですが、肌を傷つけないように慎重に行なってください。
カミソリは鋭利な物を使い、シェービングフォームやジェルで「刃の当たり」を滑らかにします。

剃る部分を温めておきましょう。そうしておくと、毛穴が開いて剃りやすくなります。毛穴が開いていれば、根元から剃れます。「仕上がり」も綺麗になります。

剃る部分には、シェービングフォームやジェル、石鹸などを塗りましょう。何もつけないで剃る人もいますが、肌を傷めてしまいます。プレシェーブ剤を使うと、脇の肌の場合でも傷めることなく剃れるでしょう。

カミソリを使って剃る際は、「毛の流れ」に沿って剃るようにしましょう。毛が生えている方向と逆に剃る「逆剃り」は、肌への負担が大きいです。逆に剃ってしまうと肌の角質まではがれてしまい、皮膚に悪い影響が出てきます。

剃った後、きちんとケアしましょう。保湿クリームや化粧水をたっぷりとつけて、乾燥を防ぎましょう。

剃るタイミングは、入浴時に剃ると良いと思います。お風呂に浸かれば体が温まり、毛穴が開いている状態になるからです。あと、お風呂の中なら、石鹸をつけてそのまま剃れます。

肌を傷つける可能性があります

カミソリによるムダ毛の処理ですが、肌が弱い人にとっては、肌を傷つけてしまう可能性があります。やり過ぎに注意する必要があります。
何回も繰り返して行なっていると、知らないうちに肌を傷つけてしまうことがあります。また、肌が炎症を起こしてしまったりする可能性もあります。

また、次に出てくる毛が濃く見えてしまったり、皮膚の中に埋没してしまったり、というトラブルが起きてしまう可能性もあります。

剃った後のケアが必要です。ケアをしなければ、肌が荒れたりするでしょう。
ムダ毛の処理が終わったら、ローションを塗るなどしてアフターケアをしっかりしましょう。

カミソリによる肌の負担に悩んでいる人は、男性でも結構多いようです。
カミソリを使う場合は、刃物で毛を切り取って行くことになります。なので皮膚は、少なからず傷つけられています。よって「カミソリ負け」という肌のトラブルを、起こしてしまう場合があります。

このような肌のトラブルを防ぐためには、自分の肌に合ったカミソリを選ぶことが大切です。最近では、「カミソリ負け」を起こさない(起こしにくい)商品も販売されています。例えばアロエ成分配合のカミソリが、あったりします。

やっぱり一番手軽な「カミソリによる除毛」

夏が近づいてくると、肌を露出させる機会が多くなってきます。そんな時に気になるのが、ムダ毛だと思います。ムダ毛があるために、自信を持って肌を出せないと感じる人は多いようです。

ムダ毛の処理方法においては、

一番手軽な方法は、やっぱりカミソリを使う方法です。

なおカミソリで一般的な物は、顔剃り用や眉剃り用という安全カミソリです。
これらには、刃先に「横滑り」を防ぐガードが付いています。なので、複雑な形をしている顔の表面を剃るのに便利で安全と言えます。ただし、襟足などの見えにくい部分のムダ毛を剃る時、ちょっと不安かもしれません。

カミソリで毛を剃る場合、やはり少なからず皮膚も削ってしまいます。なので、肌に対して刺激になってしまうでしょう。

肌が「とても心配な人」は、優しく丁寧にカミソリを使ってください。そしてカミソリ後のケアも、充分に行ないましょう。