香水
アロマ
強壮や利尿など、アロマ精油の効果

アロマ精油による作用としては、以下の事が知られています。
心や体の活動を刺激して高める、という刺激作用。
「心身の各部」や「全体の働き」を活性化して強化する、という強壮作用。
尿の排泄を促進する利尿作用。

続きを読む
香水
エステ施術
大手を選ぶなど、アロマテラピーサロンの選び方

アロマテラピーサロンの選び方を、以下に書きます。
大手のサロン:全国展開されているサロンを選ぶ。
女性スタッフ:女性にマッサージしてもらえるサロンを選ぶ。

続きを読む
香水
香水
冷蔵庫など、香水の保管場所

香水を保管する場所は、冷暗所や冷蔵庫などが良いです。
香水を保存すべき場所は、薄暗くて涼しい所です。なぜなら香水は、エタノール(アルコール)を使用しているからです。

続きを読む
香水
アロマ
アロマの仕事で必要、精油の覚え方

精油の事を暗記するために、受験生みたいに暗記カードに書いて、常に持ち歩いている人がいるそうです。定番の方法と言えます。
近年では、スマートフォンでアロマ資格のサイトを見て勉強するという方法があります。隙間時間でも、アロマの勉強ができるでしょう。

続きを読む
香水
ラベンダー
1931年頃、アロマテラピーの歴史

アロマテラピーという名称は、1931年頃、フランス人の科学者ルネ・モーリス・ガットフォセ氏が名付けた、と言われています。
彼は精油の効果について研究して、アロマテラピーという造語を作り、名付けました。

続きを読む
香水
香水
記念日の贈り物・香水

日本では香水をプレゼントすることは、それほど一般的ではありません。
でもヨーロッパではクリスマスやバレンタインデー、誕生日などの大切な記念日に、香水をプレゼントすることが一般的となっています。
彼女の誕生日プレゼントとして、香水を贈ってみましょう。

続きを読む
香水
「香り」の持続性によって違う、香水の付け方

「香りの持続性」によって、香水の付け方に「違い」があります。
例えば「パルファン」の場合、身体に対して点で付けます。「香りの持続性」が一番高いからです。
「オードパルファン」の場合、身体に対して線を描く様にして付けます。

続きを読む
香水
香水
目的に合う香水の選び方

香水を使う目的は、
他の人に対して主張するため、
自分が楽しむため、
主にこの2つでしょう。
例えば他の人に対して「セクシーさ」を伝えたい場合、「桃みたいな香り」を選ぶと良いでしょう。

続きを読む
香水
男性向け香水
男性のおしゃれに使える香水

男性の方が、「香り」を身にまとうおしゃれをするのも良いです。男性化粧品売り場には、香水も置かれていると聞きました。
「匂い」がキツすぎるとイメージダウンになりますが、ほのかに香るくらいなら女性からのウケも良いと思います。

続きを読む
香水
香水
ファッションの一部になった香り

20世紀の初めの頃、香水は体臭をごまかすために使われる物とされていたそうです。
しかし今ではファッションの大切なアイテムとして、「香水の香り」が用いられています。
現在の香水は、その人のイメージをガラッと変えてしまう「チカラ」がある、と言えます。「香水の香り」によって、セクシー感やギャップ感などを演出できます。

続きを読む