【まとめ記事】スキンケアして美肌になりたい

同年代の女性に比べて、私だけ、お肌が汚い気がする…。

美肌になりたいなら、化粧水を活用したり、美肌成分を摂取したりすると良いです。

諦めずにスキンケアを続ければ、少しずつ美肌になってゆきます。

美肌とは

美肌の女性

一般的に美肌の要因は、大きく分けて5つあります。

  1. 肌にハリがある。
  2. 「潤い」がある(乾燥肌でない)。
  3. 肌の「くすみ」がない。
  4. 肌のキメ(でこぼこ)が細かい。
  5. シミ、ソバカス、吹き出物がない。

これらの要素がすべて揃ってこそ、肌が美しいと言えます。

つまり美肌になるためには、

  • ハリのある肌、
  • 「潤い」のある肌、
  • 「シミ」や「くすみ」のない肌、
  • キメの細かい肌、

このような肌を作るスキンケアが大切です。

スキンケアで使いやすい美肌水

美肌水は、スキンケア製品の中でも特に使いやすい製品です。

価格の相場は、300mlのボトルで1000円以下だったりします。他のスキンケア製品に比べて、かなり安価です。

お安い分、他のスキンケア製品に比べて効果が出るのは遅いかもしれません。

だけど最低限の肌の「お手入れ」ができるので、美肌になりたい人には嬉しい美容製品です。

例えば尿素やグリセリン、ヒアルロン酸を配合した美肌水は、肌に優しくて乾燥肌の方にもお使いいただけます。

防腐剤や香料を使用していない場合は、敏感肌の方でも安心して使えます。

手作り化粧水

美肌水は、手作り化粧水としても有名です。多くの人が「手作り」の化粧水をこう呼んでいて、有名になっています。

美肌水は、今井達也さんという人が作った化粧水です。元々は、アトピー性皮膚炎の患者さんのために開発された化粧水でした。

それが美肌水と呼ばれるようになり、現在では、アトピー性皮膚炎の患者さんだけでなく、一般の方にも広く愛用されるようになりました。

そんな事より、美肌水は手作り化粧品の代表格として、広く知られるようになりました。

尿素と水道水を用意するだけ、美肌水の作り方

以下の材料から作れる化粧水、美肌水の作り方をご紹介しています。 市販の尿素。 グリセリン(※無くても良いです)。 水道水。 美肌水を使うと、肌がしっとりするそうです…

スキンケアの順番

肌の状態を整えるためには、スキンケアの順番も重要です。

  1. 洗顔後すぐに、
  2. 化粧水で肌に水分を与えます。
  3. そして美容液
  4. クリームの順で使います。

この順番を守らないと、化粧品の効果を十分に発揮できません。
美容液の効果を高めるためには、その前に化粧水で肌を保湿しておくことが大切です。

最後にクリームや乳液で肌を覆って、肌に与えた水分を閉じ込めます。

美肌になるために、スキンケアの順番を守りましょう

美肌になるためには、スキンケアの順番が大事です。 正しい順番は、以下の通りです。 1.洗顔する。 2.化粧水をつける。 3.美容液をつける。 4.乳液をつける。

パパインの「お風呂」

パパインにはビタミンCが豊富に含まれているので、美肌効果を期待できます。

パパインとは、果実のパパイヤから抽出した成分です。果実を原料としているので、天然成分となります。

ちなみにパパインは、タンパク質を分解する酵素です。
よって、「汚れ」を落とす効果もあります。

そのため例えば、パパインが配合されている脱毛クリームを使用した際、「肌の汚れ」を落としつつ、きれいに除毛ができます。

ツルツル肌になりたいなら、パパイン酵素の「お風呂」

パパイン酵素を含む入浴剤は、肌をツルツルにする効果がある、と言われています。 パパインには、肌の汚れを落とす効果がある、と言われています。

美肌成分の摂取

ヒアルロン酸

美しい肌の定義のひとつに、

  • 輝くような肌
  • もちもちした肌
  • キメ細かい肌

があります。

そのような美しい肌であるための条件は、たくさんあります。
その中でも特に重要なのが、水分です。

ヒアルロン酸は、体のあらゆる組織に存在しています。

その役割は、水分の保持です。

体内の細胞にて、一定量の水分を保持する役割を担っています。
貯水槽のようなものです。

また、ヒアルロン酸は弾力性があります。

細胞と細胞の間に

  • 粘り
  • 柔らかさ
  • しなやかさ

を与えます。

もしもヒアルロン酸が不足すると、肌は極度の脱水状態になり、「滑らかさ」を失います。
その結果、肌が乾燥してカサカサになります。これは、美しい肌ではありません。

つまり、ヒアルロン酸は美肌であるための重要な成分なのです。

ヒアルロン酸を摂取できる製品に、サプリメントがあります。ヒアルロン酸のサプリは、美容において人気のあるサプリメントです。

コエンザイムQ10やコラーゲンと並んで、ヒアルロン酸は美肌サプリメントの定番成分と言えます。

保湿効果など肌に良い成分・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、肌に良い成分と言われています。 水分を保持する成分であり、肌に対する保湿効果を期待できます。

コラーゲン

コラーゲンは、数ある美肌成分の中でも特に有名な物です。比較的多くの食品に含まれている成分であることも、有名になった理由の一つです。

コラーゲンは、美肌サプリメントの代表的な成分でもあります。手軽にコラーゲンを取りたい場合、サプリを飲むと良いです。

コラーゲンの美肌効果は、かなり高いです。

コラーゲンには、肌の弾力性を高める効果があるとわかっているからです。

コラーゲンの保湿効果も高いです。よって、コラーゲンは美肌成分の定番となっています。

コラーゲン食品をたくさん食べるのは難しい

コラーゲンは食品によく含まれていますが、その効果を最大限に引き出すためには、

  • 豚足
  • 牛筋
  • 軟骨
  • 鶏皮

などの食品を食べる必要があります。

ただし、これら食品をたくさん食べるのは難しいかもしれません。

たくさん食べると、「カロリーの取り過ぎ」が心配だからです。

「カロリーの取り過ぎ」が気になるなら、コラーゲンのサプリを取るほうが良いです。

老け顔を防ぎたいならコラーゲンを取りましょう

肌の「たるみ」や「しわ」がコラーゲン減少によるものなら、コラーゲンを摂取しましょう。「たるみ」「しわ」を防ぐ対策になるからです。 コラーゲンを適切に摂取したら、…

コエンザイムQ10

近年、美肌効果のあるサプリメントが非常に増えています。
その中でも注目されている成分があります。

それは、コエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10は、美容や美肌において大きな効果を発揮します。

コエンザイムQ10は強力な抗酸化物質です。そのため、コエンザイムQ10が体内に存在すると、脂質過酸化物の生成が抑えられます。

その結果、肌にダメージを与える要素が自然と体から消えていきます。

つまり、コエンザイムQ10を含むサプリメントには、肌を保護する効果があるということです。

体内に存在する物質

1990年代まで、日本では全く知られていなかったコエンザイムQ10は、2000年代半ばになって知られるようになりました。

コエンザイムQ10は、もともと人間の体内に存在する物質です。

正確に言うと、細胞の中に存在しています。よって細胞の数だけ存在する、つまり、とてもたくさん存在しています。

コエンザイムQ10が特に多く存在するのは、

  • 心臓
  • 肝臓
  • 腎臓

です。

細胞を活性化

コエンザイムQ10の「主な働き」は、細胞を活性化することです。細胞の重要なエネルギーを生み出す役割を担っています。

特に、細胞の活動に必要なエネルギー源である「アデノシン三リン酸」の生成には、コエンザイムQ10が必要です。

もしもコエンザイムQ10が体内で不足すると、「アデノシン三リン酸」が十分に生成されず、「内臓の働き」が悪くなります。

元気で美しくいるために役立つコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、健康維持に重要な成分です。 なぜなら、心臓の健康と関係がある成分だからです。 他にも美肌であること、脂肪燃焼することを手助けします。

ビタミンC

ビタミンCを摂取することで、肌に良い影響を与えることができます。

ビタミンCはメラニン生成を抑制して、活性酸素から体を守ります。

コラーゲン生成を促す働きもあります。

なお、一度にたくさんのビタミンCを摂取すると、多すぎる分は体外に出てしまい、蓄えることができません。なので、少しずつ摂取するようにしてください。

もしもビタミンCが不足すると、美肌の状態を維持できなくなります。

  • 吹き出物
  • シミ
  • ソバカス

これらが、できやすくなります。

肌のキメが粗くなり、肌の弾力性が弱くなります。

肌のシミを改善、美肌に良いビタミンCを取りましょう

肌のシミを改善する方法として、ビタミンCの摂取が良いと言われています。 野菜や果物を食べてビタミンCを取り続けたら、美肌になれる可能性があります。