定番から新しい物まで「人工付け爪の種類」

人工付け爪の種類について、なんとなく知っておきたい。

人工付け爪の種類には、以下のようなものがあります。

  • ネイルチップ
  • スカルプチュア
  • ジェルネイル

これらの違いがわかったら、上手に使い分けできます。
よって思い通りにネイルアートを楽しめます。

人工付け爪の種類

ネイルアートで用いられている人工付け爪について、その種類をご紹介したいと思います。

ネイルチップ

ネイルチップ

ネイルチップは、とても手軽に使えます。
両面テープや専用接着剤で地爪に貼り付けるだけです。

ネイルチップの主な素材は、プラスティックです。
他の素材には、木製やガラス、金属などがあります。

スカルプチュア

スカルプチュア

近年よく聞かれるようになったネイルに、スカルプチュアネイルがあります。
最近登場した新しい物に聞こえるかもしれませんが、結構昔からあったネイル技術の一つです。

実はスカルプチュアという名称は、本来は技術の名前でした。
「人工爪の長さ」を作る技術名でした。

付け足す付け爪

このスカルプチュアネイルとは、自分の爪付け足す付け爪の事を言います。

専用のアクリルパウダー(またはリキッド)を使用して、自分の爪を伸ばすために作っていく付け爪の事です。

地爪の上に塗りつけた物が、人工爪となります。

メリット

スカルプチュアネイルのメリットの一つは、短時間で「爪の長さ」を希望する長さにできることです。

伸ばした爪は付け爪なので(生爪ではないので)、仮に傷んだとしても大きな問題にはなりません。

付け爪と聞くと、簡単に取れてしまう物という印象があります。
ですが実際には、しっかりとくっついています。なので、結構長持ちします。

ネイルアートの一つ

人工的な付け爪のことを意味するスカルプチュアネイルですが、現在では他のネイルと同様にネイルアートの一つとみなされています。

ジェルネイル

ジェルネイル

ジェルネイルとは、合成アクリル樹脂で作った人工爪を紫外線で固めた物です。

ハードタイプとソフトタイプがあります。

カルジェル

ジェルネイルの一種に、カルジェルがあります。
カルジェルでは、蜂蜜のようなジェルを使います。

スカルプのアクリルリキッドのようなニオイはなくて、地爪へのダメージも「ほとんどない」とされています。

しかしカルジェルの場合、地爪より長い物を作れません。強度が低いからです。「爪の長さ」を出したい方は、スカルプを選ぶことになるでしょう。

両者はよく比較されますが、使い分けできると思います。
それぞれの長所・短所を知ることで、賢く使い分けすると良いでしょう。

なお、近年の人気を見てみると、カルジェルネイルの人気が高いようです。
その訳は、施術が短時間であり、料金も「お手頃だから」です。

ネイルサロンで施術してもらう「爪の化粧」

ネイルアートやジェルネイル、
これらは基本的には、ネイルサロンで施術してもらう「爪の化粧」です。

ちなみに、それなりの知識や技術を学んでいれば、自分で処置しても良いです。
ですが、プロの方に施術してもらうほうが安心と言えます。