子供のコミュニケーション能力が上がる、幼児英語のメリット

幼児英語のメリット

わからない事に対してストレスではなくて、純粋に「興味を持てる時期」が幼児期だと言われています。
幼児英語は、この時期を利用して学習する幼児の習い事の一つです。
この幼児英語には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

幼児の時に英語を学ぶことで、私たちが話している日本語(母国語)についても、表現する能力が発達すると言われています。

残念なことに今の日本では、母国語をうまく表現できない人が増えているそうです。
英語そして日本語において表現力が不足していると、グローバル社会において外国の人と関わるのが難しくなってしまう、と考えられています。
少しでも自分の意見を主張できるように、表現力を持つことは大切です。

また、幼児期なら、英語を自然に聞き分ける力が育つ時期であると言われています。
この時期にDVDやCDなどの教材で様々な発音を聞くことで、自然に聞き分ける力が身に付くそうです。

幼児期とは、このような能力を持っている時期と言えます。何もしないで過ごすよりは、幼児期にしかないメリットを利用して、幼児英語に活用すると良いでしょう。
親も子供と一緒に学んで楽しむことで、英語を身近に感じることができます。子供との「遊びの一環」として英語を学ぶのも、良い事です。

幼児英語の英会話教室

例えば英会話教室には、1歳から15歳までの年齢に合わせたクラスが用意されている所があります。そのクラスの先生は児童教育のプロであり、安心して子供を預けることができるでしょう。
外国人講師のクラスもあり、そのクラスに入学すれば、本場の発音や表現方法を学べるでしょう。
子供にとっても、保育園や幼稚園とは違う環境でコミュニケーションを取れます。なので、良い刺激になるでしょう。

コミュニケーション能力の向上

現在の日本人は、コミュニケーション能力が不足している親や子供たちが多い、と言われています。
そう言われてみれば確かに、自分の意見を言えない人が多い気がします。
また、自分の周りの人(隣人)が、何をしている人か知らないという人も、多いように思います。
日本の都会生活の様子を聞くと、隣人とコミュニケーションを取らずに生活しているようです
(防犯のため・勤務時間が違うためなど、色々な理由があるためかもしれません)。

そんな状況のため、「情報を整理して、自分の気持ちを伝えたりできる」というコミュニケーション能力が不足している、と考えられています。
そしてそれが、子供たちにも影響しているようです。子供たちの読解力が、2000年からのたった3年の間で8位から14位になってしまったそうです。
今の子供たちが大人になる時代には、グローバル社会になっていると言われています。今のままでは、どのように外国の人と接すればいいのか?わからないままかもしれません。

自信を持って話せること

そのコミュニケーション能力に必要なのが、「コミュニケーション・スキル」と言われています。それをサポートする大切な能力を、「グローバルマインド」と「新しい知性」と言います。

「グローバルマインド」とは、自然に他人と関わったりして、他人の意見を受け止めていけるような広い心を持つことです。
「新しい知性」とは、「相手の気持ち」を感じたり、自分の意見を上手に表現できるようになることです。

みんなと話せることそして「コミュニケーション・スキル」とは、自信を持って英語を話せたりすることです。
「コミュニケーション・スキル」は、前に紹介した2つの能力があってこそ活用できると言えます。
例えば誰かと会話をする時に、しっかりと「自分の気持ち」を伝える能力が必要です。英語でも日本語でも、必要です。

幼児英語の教材の中には、人との関わりなどに役立つスキルを、教材に上手く取り入れて活かす工夫がされています。英会話だけでなくて、子供のコミュニケーション能力を伸ばすためにも、英語の教材を活用しましょう。

あと、教材で学ぶだけじゃなく、子供がパパやママと接することも、とても大切だと思います。子供に対して、親子のコミュニケーションを取りましょう。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム