水着を着るなら、ビキニラインの脱毛をしておきましょう

ビキニラインの脱毛

ビキニラインのムダ毛処理については、どうやって自己処理しているのか、なかなかストレートに聞けないと思います。
普段は見えない部分なので、特に処理をしていないという人も多いと思います。しかし水着を着る機会があるなら、

ビキニラインの「はみ出し毛」や「突き抜け毛」について、徹底的にチェックしておきたいです。

海やプールに着いてから、それらムダ毛に気づいては遅すぎるからです。

ビキニ水着の女性ビキニラインの肌は、刺激に敏感で柔らかいです。だけど、そこに生えてくる毛は硬くて「ごわごわ」しています。とても目立つ毛です。さらに生え方がバラバラなので、自分で処理する際、時間と手間が掛かります。

そんなに毛の本数は多くないので、毛抜きで1本ずつ抜いている人もいると思います。脱毛の効果は長持ちしますが、毛穴が炎症を起こしたり、抜いた後の肌が「ぶつぶつ」になったりする点が、難点です。
また、ずっとムダ毛を抜くことを続けていると、肌の「黒ずみの原因」になってしまう可能性があります。

肌に負担を掛けないためにも、電気シェーバーや脱毛クリームで「こまめに処理する」ほうが無難でしょう。

Vラインの自己処理

Vラインのムダ毛処理については、多くの女性は自宅にて自己処理をしていると思います。その方法は、「カミソリ」を使ったり「毛抜き」を使ったりだと思います。その他の方法では、脱毛テープやクリーム、ワックスを使って、下着から出ているムダ毛を処理していると思います。

処理の時期は夏の前、水着になる前が多いでしょう。なぜなら、かわいい水着を着ているのにムダ毛がはみ出していたら、みっともないですから。

2、3回くらいなら、自分で処理しても対応できると思います。ですが、何回も処理するとなると面倒です。「毛抜き」を使って処理する際、時間も掛かります。
とても煩わしくて嫌だと思っているなら、専門機関に行って永久脱毛してもらうことも選択肢の一つです。永久脱毛をすれば、「自己処理という煩わしさ」から解放されると思います。

自己処理できるエステサロン

サロンによっては、自分で脱毛できる「セルフ脱毛」というものがあります。サロンにある脱毛器を、自分で使って行ないます。サロンのスタッフさんが「やり方」を教えてくれるので、おそらく問題なくできると思います。

他の人に脇の毛やVラインの処理をやってもらうことに抵抗を感じる人は、この「セルフ脱毛」が良いでしょう。
手の届かない部分についてはスタッフさんに手伝ってもらって、少し恥ずかしい脇の下やVラインなどについては自分で処理すると良いでしょう。

業務用の脱毛器を使うので、効果をそれなりに期待できます。きっと満足できる結果になると思います。
主流の方法は、光やレーザーのようです。レーザーなら簡単に照射できます。なので、自分でできるでしょう。
料金については、時間で決められている場合が多いようです。

脱毛で悩む、夏の季節

夏の季節と言ったら、何か楽しいことが起きる予感がする季節です。だけど女性にとっては、少し悩む季節でもあります。夏になると薄着になったり、肌の露出が多い洋服を着たりするからです。そしてムダ毛の処理が必要になるからです。

ムダ毛処理の方法の一つに、脱毛クリームを使う方法があります。このようなクリームでは、処理後に使用するローションとセットになって販売されている物が多くあります。

ちなみに、なぜセットになっているかと言うと、脱毛クリームはアルカリ性の薬剤で毛を溶かすため、皮膚の組織も少なからず溶かしてしまい、肌に負担を掛けるからです。それをケアするために、ローションとセットになっています。
ローションの中には、大豆エキスなど毛の成長を遅らせる成分が含まれた製品もあります。抑毛剤としても使用できるでしょう。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム