ダイエット中に食べて良いビターチョコレート

チョコレートの種類

チョコレートチョコレートは小さな子供を始め、年配の人にも幅広く支持されている「お菓子」と言えます。甘い物が「あんまり好きではない人」でも、コーヒータイムに食べるチョコレートは好きだったりします。
チョコレートに含まれているカカオには、ポリフェノールがたくさん含まれています。ポリフェノールには、動脈硬化を防ぐ効果があります。さらに、ガンの抑制効果やストレスの解消にも役立つそうです。健康面において、注目されている成分です。

そんなチョコレートには、様々な種類があります。
例えば、ビターチョコレートやブラックチョコレートと呼ばれている物があります。これらは、カカオマスが40%から60%ほど含まれているチョコレートです。カカオが多くて、少し大人の味のチョコレートです。
ミルクが含まれているスイートチョコレートやホワイトチョコレートという物もあります。これらは、甘い物が好きな人や子供にとって食べやすいでしょう。
また最近では、和菓子風に仕立てた抹茶入りのチョコレートなどもあります。

カカオ70%以上のビターチョコレート

ところでチョコレートには、苦い味の物もあります。例えば、カカオ風味のビターチョコなどです。近年では

カカオが70%以上含まれているチョコレートの事を、ビターチョコレート

と言ったりします。
カカオ含有率が高いチョコレートは、カカオを豊富に含んでいます。そのため「カカオの香り」が、「口の中に広がる感じ」がするでしょう。

また、砂糖を「ほとんど使用していない」ので、甘い物が苦手な男性でも食べられるでしょう。甘い物が苦手な男性は、結構います。そのような男性は、甘ったるいチョコレートが苦手と言えます。

余談ですがビターチョコレートは、バレンタインデーのような贈り物の品として、とても「おすすめできるチョコ」です。

ビターチョコレートを食べてダイエット

ダイエット法の中には、「チョコレート・ダイエット」というチョコを用いた「やり方」があります。
一般的にダイエットと言えば、間食を食べてはいけない、甘い物を食べてはいけない、というイメージがあると思います。

ところが「このダイエット法」では、

きちんと3度の食事を取り、さらにチョコレートも食べる

という方法です。これは「お菓子が好きな人」にとって、魅力的なダイエット法と言えます。

その方法について簡単に言うと、食事の前にカカオ含有量が70%以上ビターチョコレートを食べることになります。この食べ方で満腹中枢に刺激を与えます。

やはりチョコレートという食品は、「カロリーの高さ」が問題点と言えます。特に高級なチョコレートでは、ミルクや砂糖がたくさん使われています。よって、カロリーが高めになっています。
しかし、カカオが70%以上のビターチョコレートなら、ミルクや砂糖などは控え目です。よってカロリーが気になる人にも、おすすめできます。

ダイエット中の食べ方

ビターチョコレートの食べ方の一例を、お話したいと思います。
1日分である50gのチョコレートを、3回に分けて食べます
例えば板チョコの半分程度を、朝・昼・晩の3回に分けて食べます。

食事を取る20分くらい前の空腹な状態の時に、ゆっくりと少量食べます。
普段の食事については、バランス良く適量を取ります。その上で、チョコレートを食べてください。