血糖値を下げる効果を期待できる、毎日飲みたい黒酢

健康ドリンク・黒酢

黒酢美容や健康のために「お酢」を飲む人が多い、と聞きます。数ある「お酢」の中でも、黒酢はアミノ酸が豊富に含まれており、健康飲料として人気があります。

黒酢とは「お米・大豆」を原料とした物であり、長い時間を掛けて発酵させて熟成させた物です。そんな黒酢には、アミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。

期待できる効能としては、血糖値を下げる中性脂肪を減少させるなどがあります。その他にも、疲労回復や免疫力アップの効果なども期待できます。

これらの効果は体を元気にしてくれて、若返りにも一役買ってくれる事でしょう。なので出来れば毎日、飲んでいただきたい飲み物と言えます。
市販の黒酢ドリンクなどは飲みやすい味になっていて、おすすめです。ドリンク一本で一日に必要な量の黒酢を摂取できる、と思います。

また、黒酢は、冷え性を軽減させる食品と言われています。なぜかと言うと、アミノ酸が黒酢の中にたくさん含まれているからです。アミノ酸には血行促進の効果があると言われており、冷え性の改善を期待できる成分です。
一般的な「お酢」にも、同じような冷え性改善の効果を期待できると思います。ですが個人的には、黒酢のほうが良さそうと思います。

ちなみに世の中には、色んな冷え性対策グッズがあります。体を冷やさない事は健康でいられる事に繋がる、そう感じている人が多いからでしょう。実に様々なグッズが登場しています。

冷え性とは、体のある部分において血行が悪くなってしまう事を言います。血行が悪い事は、やはり健康には良くない事であり、将来病気を引き起こす原因の一つになってしまう可能性もあります。

黒酢と香醋の違い

見た目が褐色な「お酢」として黒酢と香醋があります。両者は、どんな点が違うのでしょうか?大きな違いとして、発酵方法と生産地などがあります。

発酵方法については、黒酢は液体発酵で作られて、香醋は固体発酵で作られます(ちなみに香醋とは、長期に熟成させた「お酢」です)。液体発酵では、発酵の途中で一度液体を抽出します。固体発酵では、個体の原料をそのまま発酵させます。
熟成期間については、固体発酵のほうが長くなり、長い期間の分だけアミノ酸が増えるとされています。

生産地の違いについては、黒酢は、その多くが日本で作られていると言えます。一方の香醋は、中国で作られていると言えます。

その他の違いでは、原料が異なります。黒酢の原料は、主に玄米です。香醋の原料は、もち米です。原材料である「もち米」を発酵させて作るということです。原料の違いは、味の違い・風味の違いとなって表れます。

黒酢の飲み方

黒酢の飲み方は、直接飲用する場合が多いようです。一度にたくさん飲まず、少しずつ飲むと良いです。あと、空腹時では飲まないようにしましょう。胃に刺激を与えてしまう飲み物だからです。

なお、黒酢は一般的な「お酢」とは違い、刺激臭はありません。熟成期間が半年から3年くらいと長いため、刺激臭がなくなっているからです。

黒酢のサプリ

飲み物タイプの他に、黒酢のサプリもあります。どうしても「お酢」を飲めないという方は、サプリを利用すると手軽に摂取できるでしょう。

黒酢のサプリの中には、「にんにく」や「卵黄」を合わせた物があります。黒酢系サプリメントにおいて、とても人気がある製品になっています。第一印象として、とても元気になりそうです。利用者の中には、実際に「元気が出た」という個人的な感想も聞かれます。

実際に黒酢には、アミノ酸やクエン酸が含まれています。これらの成分は、疲労回復に最適な成分と言われています。その黒酢に加えて「にんにく」や「卵黄」の成分も含まれているので、元気力アップを大いに期待できそうです。

サプリメントなので、「カプセルを飲むだけで良いという手軽さ」です。これなら毎日服用できると思います。滋養強壮を始め、ダイエットにも良いと期待されている黒酢系サプリを、ぜひお試しください。