データ入力で役立つブラインドタッチ

人気がある「データ入力の仕事」

データ入力近年、主婦を始め、在宅ワーカーと呼ばれている人たちが増えています。自分の空いている時間を活用して仕事ができる在宅ワークは、働き方の一つとして注目されています。
本業を持っているサラリーマンの方でも、さらに収入を増やすために、副業として行なっている場合も見られます。

在宅ワークと言えば、近年ではパソコンを使って行なう仕事が中心です。その中で一番人気と言えば、やはり「データ入力の仕事」でしょう。この仕事は、隙間の時間に行なえる作業です。なので主婦に、とても人気があります。

データ入力で活用できる、速いキーボード入力

特に、キーボードを打つのが上手な方なら、

その「速さ」を活用して、データ入力の仕事をしてみたい

と思うかもしれません。

データ入力の仕事は、在宅ワークで多く見られます。在宅という事より会社に出社する必要はなくて、自宅のパソコンを使ってデータを入力する事になります。

入力したデータについては、クラウド上のデータ保存場所にアップロードしたり、メールに添付したりして納品します。
つまり入力作業から納品まで、自宅で完結すると言えます。これは、例えば子育て中のママにとっては、とても都合が良い働き方だと思います。

そして子育て中のママに限らず、専業主婦の方にも良い働き方と言えます。家事の合間の「ちょっとした時間」に仕事をして、お金を稼げます。ちょっと嬉しいと言えます。

素早く打てる「ブラインドタッチ」

パソコンの初心者にとって、ブラインドタッチできる事は羨ましい事だと思います。初心者の場合、人差し指と中指だけでキーボードを打っている方が多いと思います。そのような打ち方では、残念ながら入力のスピードは遅いでしょう。

素早く打てるようになるためには、

両手の5本指を全て使ってキーボードを打てるようになることが必要です。

そのように打てるためには、きちんと指の配列を意識して練習する事が大切です。

ブラインドタッチについては、パソコンスクールで教えてもらっても良いし、タイピングソフトなどを使って独学で習得しても良いです。自分に合う「やり方」で、練習してみましょう。

ブラインドタッチで自由自在にキーボードを打てるようになると、データ入力の作業が捗ると思います。

参考としてデータ入力の報酬について言うと、1文字につき0.2円くらいが平均的な金額となっています。
例えば月収36000円を目指す場合では、1日に1200円の報酬が必要です。つまり、1日に6000文字のデータを入力する事になります。
6000文字と聞いたら、びっくりするかもしれません。ですが、出来ない事ではありません。作業に慣れてくれば、もっと多くの文字数を入力できるようになれるでしょう。

※報酬単価は、その都度変わります。求人情報で最新の単価を、ご確認ください。

副収入
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム