血行を良くしたいなら、ローズのアロマオイルを使いましょう

お風呂でアロマテラピー

お風呂でアロマテラピーを行なうと、とても気分が良くなります。半身浴をして、充分に毛穴が広がった状態でアロマオイルを使ってマッサージすると、気分が良くなります。

この時、

血液の循環を良くする効能を持つ「ローズのアロマオイル」を使えば、汗もたくさん出てきて老廃物も排出されます。

ローズヒップ

例えば「肩こり」がひどい時には、ローズマリーなどの血行を良くするエッセンスを使ってマッサージしてみましょう。血行を良くする効果を、充分に期待できるでしょう。

お風呂でマッサージをすれば、そのまま「お湯」で洗い流せます。疲れない程度の簡単なマッサージを、「顔」や「ふくらはぎ」などに行なうと良いでしょう。

なお、お風呂でアロマオイルを使用すると、床が滑りやすくなります。転倒しないように気をつけましょう。

「バラの花」の薬効性

「バラの花」は昔から薬効性があるということより、世界中で愛用されるようになりました。
お茶に「花びら」を入れたり、お風呂に「花びら」を浮かべたりしますが、これはローズに美肌やスキンケアの効果があることより、このように利用されるようになったのでしょう。

バラの見た目が贅沢だからという理由だけで、そのように利用していた訳ではないです。例えばピンク色のバラは、見ているだけでも女性ホルモンを分泌させると言われています。

そしてローズのアロマオイルでマッサージをするなら、乾燥肌や敏感肌の方も使えます。なので、バラの花が持つ効能を期待できるでしょう。
※効能については、商品説明にてご確認ください。

血行を良くして元気になりましょう

ローズのアロマオイルはイライラの解消に役立つ、と言われています。ローズは名前の通り、バラのアロマオイルです。ホルモンバランスを整えて、血液の循環を活発にする効能を期待できます。

アロマオイルを使ったマッサージでは、マッサージの効果に加えて「香り」の効果もあるので、とても癒されます。
マッサージは、体内の「血液の流れ」を良くしてくれます。「血液の流れ」がスムーズになると、体内の老廃物が排出されやすくなります。新陳代謝も活発になり、疲れた体も元気になるでしょう。

自分でマッサージする場合、入浴時に行なえます。お風呂に浸かりながら「ゆったりした気分」でマッサージすれば、ストレス解消にもなります。

さらにローズヒップのハーブティーを飲んでおくと、心と体に良いでしょう。ローズヒップの効能で血行が良くなり、体の中が温まれば、汗と共に「疲れ」も流れ出てゆくでしょう。