治療がしやすい、整体ベッドの選び方

治療に適した整体ベッド

整体の施術

整体師にとっては、快適な治療を行なえるベッドを選ぶことが重要と言えます。
クッション性や生地の質、マッサージに適した幅、治療に適した仕様(例えばリクライニング)である物が必要です。
そのようなベッドは、治療しやすい物・治療に適した物と言えます。

整体を行なうためのベッドには、様々な機能が付いている物があります。これらの機能が、整体を受ける患者さんにとって「癒しの効果」になっているようです。

患者さんは、そのようなベッドに横たわっていると、「気持ち」が良くて疲労が回復してくる効果など、健康回復の期待感を感じることでしょう。寝転がって心地良いベッドは精神的にも良い、と思います。

なお、整体を訪れる患者さんは、「体の痛み」や「精神的なリラクゼーション」を期待して、来院する人がほとんどです。ベッドの質や形を意識して来る人は、ほとんどいないでしょう。
ですが、質や形に「こだわりのあるベッド」を用いる事は、利用する側の患者さん達も共感できるはず、と思いました。

整体ベッドの選び方

多くの整体師さんは、ベッドに対して「こだわり」を持っているようです。患者さんに対する配慮として、やはり大切な事なのでしょう。
よって整体師は、患者さんにとって使いやすいベッドを選ぶようにしている、と言えます。

整体に適したベッドと言えば、例えば「高さ」を簡単に調整できる折りたたみ式の物です。低い姿勢で利用する場合でも、折りたたみ式なら使いやすいからです。

そして「ベッドの硬さ」については、体が沈みにくい物が良いとされています。
ベッドの脚部については、しっかりした安定感がある物を選ぶと良いです。

ところで激安なベッドなど、あまりにも安い物を選ばないほうが良いです。価格が「そこそこ高額」であり、強度や耐久性に優れている「少し上級のベッド」を選びましょう。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム