短期間で痩せた人もいた、ブートキャンプ・ダイエット

ブートキャンプ・ダイエット

2007年に日本中で話題になったダイエット方法と言えば、ビリーズ・ブートキャンプです。

そして2008年には、ビリーズ・ブートキャンプが大流行しました。その当時、DVDを購入して実践した人も多かったと思います。

軍隊の兵士この「ブートキャンプ」ですが、元々はアメリカの軍隊で行なわれていた、短期間で体を絞ることに集中したトレーニング方法ということです。

そのような軍隊式トレーニングを基に、ビリー・ブランクス氏が独自に開発したダイエット法が、ビリーズ・ブートキャンプとなります。

ビリーズ・ブートキャンプの4枚のDVDには、7日間分の集中トレーニングが詰め込まれています。

1日目と2日目は、「集中プログラム」です。55分間のトレーニングです。全身の筋肉を動かすことによって基礎代謝を促して、ダイエットに必要な体作りをします。

3日目と4日目は、「応用プログラム」です。55分間のトレーニングです。二の腕・太もも・ヒップを集中的に鍛えます。

5日目と6日目は、「腹筋プログラム」です。36分間のトレーニングです。ビリー独自の方法で、お腹周り全体を(腹筋だけでなくて、脇腹や背中も)鍛え上げる運動です。

7日目は、「最終プログラム」です。今までの総合的なトレーニングとなっています。31分間です。最終なのでトータルワークアウトで体を動かし、楽しく終わります。

ビリーのブートキャンプ体験談

以前に大ブームとなったビリーズ・ブートキャンプの体験談を、ご紹介したいと思います。

その人は、興味本位で始めたそうです。しかし普段は、運動を全くしていない人だったので、最初の1週間は何度も挫折しそうになったそうです。
筋肉痛になったけれど、なんとか1週間頑張って続けたそうです。1週間後に体重を計ってみると、なんと3キロも減っていたそうです。

2週間くらい経った頃、体型に変化が出てきたそうです。特に「お腹周り」が、最もスッキリしたそうです。ちなみにビリーズ・ブートキャンプには、お腹周りのトレーニングが結構あります。

その後も毎日続けたそうです。3週間くらい経った頃、だいぶんスムーズに行なえるようになったそうです。

3ヶ月続けた結果、体脂肪も減っていったそうです。リバウンドもなくて、新陳代謝も良くなったということでした。

挫折した人が多かったダイエット法

実際にはキツい運動なので、挫折してしまう人も多かったようです。以前にビリーズ・ブートキャンプを買ったけれど、ハードな運動なので諦めてしまった人も多かったと思います。
しかし食事を我慢するなど無理なダイエットをするよりは、このような忍耐が求められる運動のほうが、体に良いでしょう。

なお、人それぞれ体質は違います。よって運動による消費カロリーも、やはり違います。ブートキャンプの運動の効果が「あまりない」と感じたら、自分に合った他のダイエット方法を検討しましょう。

最後に、筋肉トレーニングで筋肉を増やすことは、体内の消費カロリーを上げる効果を期待できます。筋肉量が実際に増えれば、例え「じっと座っていた」としてもカロリーを消費できることになります。

ダイエット運動
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム