育児書を読んでも「わからない事」もある、男の子の育児

男の子育児書を片手に男の子を育児している「お母さん」が、ふと疑問に思うことがあります。男の子の「おちんちんの洗い方」です

育児書には、「おちんちん」を剥いて洗ってあげましょう、と書かれてあります。

どうやら大真面目な事だそうで、「おちんちん」を汚れたままにしておくと「亀頭包皮炎」という病気になってしまう可能性もあるということです。男の子にとって大事な部分なので、やはり清潔にしておく必要があります。

なお、亀頭包皮炎については、亀頭と皮の間の部分に「汚れ」や「垢」が溜まったままの場合、そうなってしまうようです。

「育児書の通り」に出来ない場合

育児書にそう書いてあるけれど、いざ「お子さん」の「おちんちん」を剥こうと思ったら出来なかった、という感想が聞こえてきます。

実は小さい男の子の「おちんちん」は、剥けない事が当たり前だそうです。
男の子の赤ちゃんは、「ほぼ全員」真性包茎です。乳児の場合は8割ほど、幼児の場合は6割ほどが、真性包茎と言われています。よって清潔に洗ってあげようとしても、そう出来ない場合が多いです。あまり気にせずに、剥ける所までで良いので優しく洗ってあげましょう。

あと6歳位の男の子になれば、大事な所だから綺麗に洗っておきましょうと言えば、自分で洗えるようです。