男の子の「産み分け」を期待できるグリーンゼリー

男の子

男の子を妊娠するのに有効なアイテムの一つとして、グリーンゼリーがあります。
以下に、グリーンゼリーの「仕組み」や「使用方法」などについて、お話したいと思います。
※なお、グリーンゼリーを使う出産については、念のため産婦人科に行って、専門医と相談してください。

グリーンゼリーとは、イギリスで開発された男の子を妊娠するためのゼリーです。

性交前にグリーンゼリーを使用することで、膣をアルカリ性に近づけて、男の子を作るY精子にとって有利な状態にします。そうすることで、男の子を妊娠しやすい状態を作り上げます。

グリーンゼリーを使用して男の子を妊娠する確率については、だいたい80%くらいの確率で産み分けることが可能と言われています。

使用時期

グリーンゼリーを使う時期は、一般的には排卵日の1日前から1日後に使用します。
これは、グリーンゼリーの効果を高める事と、男の子を妊娠しやすい時期にセックスをする事で、男の子を産み分ける確率を「さらに向上させるため」です。

※産婦人科によって、指導内容が多少異なる場合があるようです。専門医に、ご確認ください。

使い方

グリーンゼリーの一般的な使い方を、ご紹介したいと思います。
※詳しくは各製品の取扱説明書を、お読みください。

  1. まずは注射器に、グリーンゼリーを5mlから7mlほど取ります。
    ※もしもゼリーが固まっている場合は、コップに熱湯を入れて、その中にゼリーを容器ごと3分から4分ほど浸けて、溶かしてください。
  2. そしてグリーンゼリーの温度を確認してから、出来るだけ膣の奥に注射器で注入します。
  3. 腰を高い位置に上げて、グリーンゼリーが外に出て来ないようにします。
    その状態で、5分ほど待ちましょう。
  4. そしてその後、性交をします。

入手先

グリーンゼリーを入手する際は、産婦人科に行って相談してから買いましょう。
産婦人科が通販によって、グリーンゼリーを販売している場合もあるそうです。それを利用するのも良いと思います。

※ネットオークションなどでも購入できますが、やはり産婦人科から購入するほうが安心できます。