「胸の悩み」を解決する方法の一つ・豊胸手術

「女性らしさ」の象徴

胸

魅力的な胸は、「女性らしさ」の象徴とも言えます。
ですが出産・子育て、そして加齢と、女性のライフサイクルの中で、これほど悲しい変化をしてしまう部分はないでしょう。

「胸の悩み」は、その「豊かさ」だけではありません。
「大きさ」が左右で揃っていない、垂れ下がっている、「乳首や乳輪の黒ずみ」など、何らかの「悩み」を抱えている人は、とても多いと思います。

バストの美容整形は、その「悩み」を解決する一つの方法と言えます。

バッグ挿入法による豊胸手術

手術

手術のイメージ画像

豊胸手術には、バッグ挿入法や脂肪注入法などがあります。
もし2カップから3カップ以上のサイズアップを求めるなら、バック挿入法が良いでしょう。

バッグ挿入法とは、バストにバッグと呼ばれる人口乳腺を挿入する方法です。
挿入するバッグの種類や大きさ、形などを、多くの種類から選択できるようになっています。よって、個人的な希望に応じることができるようになっています。

現在バッグには、様々な種類があります。代表的な物には、生理食塩水バッグ・シリコンバッグ・CMCバッグなどがあります。

以前では、シリコンやオルガノーゲンが豊胸バッグとして使用されていました。しかしこれらの物質は、安全性に問題があるとして使用が禁止されました。

バッグの挿入位置

バッグ挿入法では、バッグを挿入する場所によって「乳腺下法」と「大胸筋下法」に分けられます。
バッグの挿入位置は、「バストアップの仕上がり」に影響を与えます。個人の希望や体質を踏まえて、医師とカウンセリングをして決定することが大切です。

乳腺下法

乳腺下法とは乳腺の下、大胸筋の上にバッグを挿入する方法です。
これは、元々バストの大きい人が「さらにバストアップしたい場合」や、「形を整えたい場合」に適しています。
出産や授乳によってバストがしぼみ、下垂してしまった人のバストアップにも適しています。
この方法は挿入位置が皮膚に近いため、バッグの感触や形が出やすいという特徴があります。

なお、痩せてバストの脂肪が少なくなると、バッグと地肌の不自然な段差ができます。注意が必要です。

大胸筋下法

大胸筋下法とは、大胸筋下に直接バッグを挿入する方法です。
この方法は痩せている人やバストの脂肪が少ない人、乳腺が薄い人に適しています。

筋肉の下にバッグを挿入するので、手術に「痛み」を伴います。手触りは、乳腺下法と比べてやや硬くなります。
挿入位置が皮膚から遠いため、バストの脂肪が少なくなっても乳腺下法のような「不自然さ」は出ません。

脂肪注入による豊胸手術

豊胸手術には、バッグ挿入法や脂肪注入法など、いくつかの方法があります。
もしも自分の脂肪を使って自然なバストアップを希望するなら、脂肪注入法が適しています。これは、自分の「太もも」などの脂肪を胸に注入する方法になります。

脂肪注入法では、「お尻」や「太もも」などの余っている脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。「太もも」の脂肪も取れてしまうので、少し嬉しいかもしれません。
豊胸バッグなどの人工物ではなく自分の脂肪を利用するので、拒否反応の心配はありません。元々自分の脂肪なので、精神的な抵抗も少ないでしょう。

脂肪については、注射器で注入されます。体に傷跡を残さないです。よって脂肪注入法は、豊胸バッグを体内に入れることに抵抗がある人やボディラインを整えたい人に、最適な方法だと言えるでしょう。

なお、脂肪が少なくて痩せている人や元々乳腺がほとんどない人、貧血気味の人などは、手術を受けられない場合もあります。

定着率

注入した脂肪が、全てバストになる訳ではありません。バストに定着する脂肪は、平均すると50%から70%と言われています。医師の技術や個人の体質により、定着率は異なるということです。

後遺症

脂肪注入法による豊胸手術の後遺症について、書きたいと思います。
生着することができなかった脂肪が体外にうまく排出されなかった場合、「しこり」ができてしまう、という豊胸後遺症があるようです。

脂肪注入法による豊胸手術では、アレルギー(脂肪の拒否反応)や感染症を起こすという豊胸後遺症はほとんどありません。なので、過剰に不安になる必要もないでしょう。

豊胸後遺症は、昔に比べてかなり少なくなっています。ですが100%なくなった訳ではない、という点を覚えておいてください。
あと、後遺症という症状は豊胸手術に限った話でなくて、どんな手術においても起きる可能性があります。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術

注射器を使う手術バストアップの方法の一つに、豊胸手術という方法があります。この豊胸手術の中で、一般的な方法はバストに人口乳腺を入れる方法です。
しかし最近では、ヒアルロン酸注入によってバストアップする方法が人気ということです。

ヒアルロン酸注入という方法では、希望の「バストの大きさ」や「形」から、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入する部分を決めます。よって、希望通りのバストを作ることが可能です。

SUB-Q挿入法

メスで体を切るのは「ちょっと不安な方」には、例えばSUB-Q(サブ・キュー)挿入法が「おすすめ」でしょう。
ヒアルロン酸を注射器で注入する方法です。注入時間は、10分から20分ほどです。

これなら注入する位置や量によって、自分の好みのバストに仕上げられます。
乳腺を傷つけることもないので、妊娠や授乳への影響も心配ありません。

しかし気軽に受けられる反面、医療バッグを挿入する方法と異なり、効果はずっと続きません。注入したヒアルロン酸は1年から2年で体内に吸収されてしまうため、その効果がずっと続くとは言えません。

長くても2年から3年くらいで、注入したヒアルロン酸は体内に吸収されます。
なので将来、バストは「元の大きさ」に戻ります(吸収される期間については、個人差があります)。
ヒアルロン酸は体内にある成分であり、体内への吸収が早いという特徴があります。

傷跡なしの豊胸手術

以前では、豊胸手術と言えば手術後の傷跡が心配されました。
しかし近年の豊胸手術の進歩により、傷跡を「ほとんど残さない方法」が開発されています。

先程言ったヒアルロン酸注入も、その一つです。この方法では、注射器によってヒアルロン酸を注入します。メスを使わず、体に傷跡を全く残さない豊胸手術です。
この整形方法では乳腺を傷つけることもないので、妊娠や授乳への影響も心配ないとされています。
手術は短時間で終わり、手術直後から普段の生活を送れるということです。

他の豊胸手術と比べて価格が安い点も、人気の理由だそうです。だけど、やはり手術となると不安になります。もしも手術を受ける際は、信頼できる医療機関を選びましょう。

豊胸手術の合併症

注意これまでの豊胸手術の歴史を振り返ると、副作用や合併症が多数起こっていたようです。

女性の乳房は、体の中でも特殊と言えます。手術によって理想のバストを再現する事は、やはり難しかったのでしょう。

現在では、昔よりも積極的に豊胸手術が行なわれるようになっています。それは過去から現在までの長年にわたる試行錯誤の結果によるところが大きいです。ですが現在の豊胸手術でも、まだまだ100%完璧な手術とは言えないようです。実際には、合併症が起こる可能性があると言えます。

よく言われている豊胸手術の問題点・注意点ですが、

切開した部分に傷跡が残ってしまうこと、
授乳する際に障害が起きる可能性が(わずかながら)あること

などがあります。

また、人工乳腺法による豊胸手術の場合、体の中に豊胸バッグを入れますが、それが硬直する可能性があります。ただし、きちんとしたアフターケアを行なう事で、その問題をほとんど解決できるそうです。

合併症を防ぐアフターケア

手術を行なう医師たちは、現在でも引き続き感染症や合併症などの発症を防ぐよう努力しています。豊胸手術を成功させるためには(術後も成功した状態を保つためには)、医師と患者が共に努力し続ける事が(アフターケアをする事が)求められています。

合併症が起きる場合、そのほとんどが指示された通りのアフターケアやマッサージを出来ていなかったことが原因だそうです。
合併症を防ぐには、アフターケアをしっかり行なう事がポイントになります。クリニックを選ぶ基準として、アフターケアの充実を基準にして選ぶと良いでしょう。

豊胸手術は、その名の通り「手術」となります。時には、体にとって悪い結果を残してしまう可能性もあります。
手術前に医師と充分に相談してください。少しでも不安に思うなら、やめたほうが良いです。

信頼できる医療機関を選びましょう

近年、豊胸手術の技術は進歩して安全性が高まっています。新しい手術や独自の手術が、次々と登場しています。そういうことで、気軽に豊胸手術を受ける女性が増えているそうです。
ですがそうは言っても、数ある美容整形の中でも「胸は女性ならでは」の領域です。
「微妙な感触の違い」は、精神的にも大きな影響を与えるでしょう。

全身麻酔が必要となる場合もあるので、くれぐれも信頼のおける医療機関や医師を、選択することが重要です。医師としっかり相談して、自分に合う手術の方法を見つけましょう。

体験談

参考に脂肪注入法・手術の体験談を、ご紹介したいと思います。

最初は、ある人が脂肪注入法による豊胸手術を受けて良かったという感想です。
無事に手術が終わり、気になっていた部分の脂肪がなくなっていました。体がスリムになった分、バストが大きくなったそうです。
手術前では、本当に自分の理想通りになるのか?不安であり半信半疑だったそうです。ですが今回の手術の結果には満足している、という事でした。

次に、脂肪注入法を受けたけれど、その結果に不満を持っている人の感想です。
その方は、豊胸手術を受けてから約2年くらい経っている人です。
不満な点は、バストに注入した脂肪が「固まっているような感じ」がする点です。
そして上に手を挙げた際、バストの形が不自然に見えるそうです。
以上の2点が、不満だったそうです。

悩んでいるなら豊胸手術を検討しましょう

近年、豊胸手術は技術の進歩によって安全性が高まり、バストアップの方法として普及してきました。今では若者から中高年までの多くの女性が、豊胸手術によってバストアップを実現しているということです。

バッグ法で豊胸手術をして良かった、という感想も聞かれます。
ある手術を受けた方は、出産と授乳によって崩れてしまったバストに悩んでいた方でした。
そういう事より豊胸術のカウンセリングを受けて、バッグを挿入する手術を決心したそうです。
手術は無事終了して、若々しくて張りがあるバストになったので、とても感激したそうです。

質問と回答例

参考に豊胸手術に関する「質問と回答例」を、ご紹介したいと思います。

「豊胸手術をしたことが、他の人に気づかれてしまう?」
やはり短期間でサイズを大きくしたら、気づかれてしまうかもしれません。ですが実際には、それほど気づかれる事はないと言われています。
ちなみに手術後の胸の感触は、本物の胸と「ほとんど同じ」だそうです。

「レントゲンを撮った際、豊胸バッグは写ってしまう?」
ほとんどのレントゲン撮影において、豊胸バッグがレントゲンに写るでしょう。写ってしまいますが、医師がそれを見ても病気だと判断する事はないでしょう。
あと、その人に豊胸バッグがある事を知っているのは、限られた医療関係者だけです(レントゲン担当医師と看護士など)。医療関係者は、患者の事をむやみに口外しません。なので心配ない、と言って良いでしょう。

美容整形
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム