さらにバストアップしたいなら、バッグ挿入による豊胸手術

バッグ挿入法による豊胸手術

手術

手術のイメージ画像

豊胸手術には、バッグ挿入法や脂肪注入法などがあります。
もし2カップから3カップ以上のサイズアップを求めるなら、バック挿入法が良いでしょう。

バッグ挿入法とは、バストにバッグと呼ばれる人口乳腺を挿入する方法です。
挿入するバッグの種類や大きさ、形などを、多くの種類から選択できるようになっています。よって、個人的な希望に応じることができるようになっています。

現在バッグには、様々な種類があります。代表的な物には、生理食塩水バッグ・シリコンバッグ・CMCバッグなどがあります。

以前では、シリコンやオルガノーゲンが豊胸バッグとして使用されていました。しかしこれらの物質は、安全性に問題があるとして使用が禁止されました。

バッグの挿入位置

バッグ挿入法では、バッグを挿入する場所によって「乳腺下法」と「大胸筋下法」に分けられます。
バッグの挿入位置は、「バストアップの仕上がり」に影響を与えます。個人の希望や体質を踏まえて、医師とカウンセリングをして決定することが大切です。

乳腺下法

乳腺下法とは乳腺の下、大胸筋の上にバッグを挿入する方法です。
これは、元々バストの大きい人が「さらにバストアップしたい場合」や、「形を整えたい場合」に適しています。
出産や授乳によってバストがしぼみ、下垂してしまった人のバストアップにも適しています。
この方法は挿入位置が皮膚に近いため、バッグの感触や形が出やすいという特徴があります。

なお、痩せてバストの脂肪が少なくなると、バッグと地肌の不自然な段差ができます。注意が必要です。

大胸筋下法

大胸筋下法とは、大胸筋下に直接バッグを挿入する方法です。
この方法は痩せている人やバストの脂肪が少ない人、乳腺が薄い人に適しています。

筋肉の下にバッグを挿入するので、手術に「痛み」を伴います。手触りは、乳腺下法と比べてやや硬くなります。
挿入位置が皮膚から遠いため、バストの脂肪が少なくなっても乳腺下法のような「不自然さ」は出ません。

悩んでいるなら豊胸手術を検討しましょう

近年、豊胸手術は技術の進歩によって安全性が高まり、バストアップの方法として普及してきました。今では若者から中高年までの多くの女性が、豊胸手術によってバストアップを実現しているということです。

バッグ法で豊胸手術をして良かった、という感想も聞かれます。
ある手術を受けた方は、出産と授乳によって崩れてしまったバストに悩んでいた方でした。
そういう事より豊胸術のカウンセリングを受けて、バッグを挿入する手術を決心したそうです。
手術は無事終了して、若々しくて張りがあるバストになったので、とても感激したそうです。

質問と回答例

参考に豊胸手術に関する「質問と回答例」を、ご紹介したいと思います。

「豊胸手術をしたことが、他の人に気づかれてしまう?」
やはり短期間でサイズを大きくしたら、気づかれてしまうかもしれません。ですが実際には、それほど気づかれる事はないと言われています。
ちなみに手術後の胸の感触は、本物の胸と「ほとんど同じ」だそうです。

「レントゲンを撮った際、豊胸バッグは写ってしまう?」
ほとんどのレントゲン撮影において、豊胸バッグがレントゲンに写るでしょう。写ってしまいますが、医師がそれを見ても病気だと判断する事はないでしょう。
あと、その人に豊胸バッグがある事を知っているのは、限られた医療関係者だけです(レントゲン担当医師と看護士など)。医療関係者は、患者の事をむやみに口外しません。なので心配ない、と言って良いでしょう。