メスの傷跡なし、ヒアルロン酸を注入する豊胸手術

ヒアルロン酸注入による豊胸手術

注射器を使う手術バストアップの方法の一つに、豊胸手術という方法があります。この豊胸手術の中で、一般的な方法はバストに人口乳腺を入れる方法です。
しかし最近では、ヒアルロン酸注入によってバストアップする方法が人気ということです。

ヒアルロン酸注入という方法では、希望の「バストの大きさ」や「形」から、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入する部分を決めます。よって、希望通りのバストを作ることが可能です。

SUB-Q挿入法

メスで体を切るのは「ちょっと不安な方」には、例えばSUB-Q(サブ・キュー)挿入法が「おすすめ」でしょう。
ヒアルロン酸を注射器で注入する方法です。注入時間は、10分から20分ほどです。

これなら注入する位置や量によって、自分の好みのバストに仕上げられます。
乳腺を傷つけることもないので、妊娠や授乳への影響も心配ありません。

しかし気軽に受けられる反面、医療バッグを挿入する方法と異なり、効果はずっと続きません。注入したヒアルロン酸は1年から2年で体内に吸収されてしまうため、その効果がずっと続くとは言えません。

長くても2年から3年くらいで、注入したヒアルロン酸は体内に吸収されます。
なので将来、バストは「元の大きさ」に戻ります(吸収される期間については、個人差があります)。
ヒアルロン酸は体内にある成分であり、体内への吸収が早いという特徴があります。

傷跡なしの豊胸手術

以前では、豊胸手術と言えば手術後の傷跡が心配されました。
しかし近年の豊胸手術の進歩により、傷跡を「ほとんど残さない方法」が開発されています。

先程言ったヒアルロン酸注入も、その一つです。この方法では、注射器によってヒアルロン酸を注入します。メスを使わず、体に傷跡を全く残さない豊胸手術です。
この整形方法では乳腺を傷つけることもないので、妊娠や授乳への影響も心配ないとされています。
手術は短時間で終わり、手術直後から普段の生活を送れるということです。

他の豊胸手術と比べて価格が安い点も、人気の理由だそうです。だけど、やはり手術となると不安になります。もしも手術を受ける際は、信頼できる医療機関を選びましょう。