女性を可愛く上品に見せる、バーバリーブルーレーベル

品良く可愛いバーバリーブルーレーベル

本家のバーバリーというブランドは、イギリスで生まれたものです。
しかしバーバリーブルーレーベルは、日本企業である三陽商会がバーバリーとライセンス契約を結んで誕生させたブランドです。そういうことで、バーバリーブルーレーベルは日本のブランドと言って良いと思います(2008年当時)。

バーバリーブルーレーベルの対象は、18歳から25歳位までのギャル系を卒業したような女の子です。
ですから可愛い物、そして「上品な物という感じ」の製品がたくさんあります。

上品な女性

そのデザインは、「バーバリーの伝統」と「最新のデザイン」を合わせているようなデザインになっています。
取り扱っている製品は、洋服やマフラー、バッグ・靴・傘・小物など、様々な物があります。

価格については、バーバリーよりは「お手頃」になっています。手に入れやすいブランドだと思います。しかしそうは言っても、そんなに安い値段ではないです。ただし本家バーバリーよりは、お手頃価格と言えます。

ところでバーバリーブルーレーベルに限らず、バーバリーのデザインの魅力は、やはりバーバリーチェックでしょう。
バーバリーチェックと言うと、ベージュや紺など定番の色を思い出します。だけどバーバリーブルーレーベルのバーバリーチェックは、多くのカラーバリエーションがあります。この点も人気の秘訣になっている、と思います。

カジュアルで使いやすいバッグ

バーバリーブルーレーベルの製品は、「可愛らしさ」と「実用性」を兼ね備えています。なので、人気があります。

例えばバーバリーブルーレーベルのバッグは、種類やサイズが豊富です。カジュアルで使いやすいデザインになっています。
その中でもトートバッグは、チェックを基本にしていて、カラーのバリエーションは豊富です。マチも「かなり大きい」ので、荷物がたくさん入ります。使い勝手が良いです。

基本的には、本家バーバリーの伝統を守りながら、新しいデザインを取り入れた物と言えます。生地は、本家バーバリーと同様に上質なので、どなたでも満足できると思います。

バーバリーブルーレーベルのバッグについては、トートバッグを始め、多くの種類があります。その中でも、ショルダーバッグが中心になっていると思います。
バーバリーブルーレーベルのバッグはとても可愛いバッグであり、日常で使いやすいデザインが多いです。なので1個だけでなくて何個も持っている、という方も多いと聞きます。

ブランドのコンセプト

バーバリーブルーレーベルとは、改めて「どういうブランドの事」なのでしょうか。
このブランドのコンセプトは、ジャクリーン・ケネディやオードリーヘプバーンが20歳の時に「どういう物を選ぶのか?」というコンセプトだそうです。
可愛さ」と「上品さ」が、テーマと言えるでしょう。
素敵な女性が選ぶアイテムを基準に、デザインされているようです。

三陽商会が誕生させたブランド

バーバリーブルーレーベルは、日本のみで展開している「日本生まれ」のブランドです。日本企業の山陽商会が、イギリスのバーバリーと契約をして生まれたブランドです。
バーバリーブルーレーベルは、バーバリーでありながらカジュアルなブランドとして、日本で生まれたブランドとなります。

三陽商会が誕生させたブランドとしては、「バーバリーブルーレーベル」と「バーバリーブラックレーベル」があります。
バーバリー色を受け継いでいるバーバリーブルーレーベルやバーバリーブラックレーベルは、三陽商会の日本での挑戦だったと言えるでしょう。

バーバリーブルーレーベルというブランドは、20歳前後の若い女性をターゲットにしているブランドです。
オードリーヘップバーンやジャクリーンケネディが20歳の頃に選ぶような服ということを、コンセプトにしています。このコンセプトが成功したことを受けて、バーバリーブルーレーベルが誕生しました。

もう一つのバーバリーブラックレーベルは、イギリスのバーバリー本来のデザインをベースにしています。それに日本の現代を融合して作ったもので、基本的にはブリティッシュなものです。
20代半ばから30代全般の男性をターゲットにしているラインになっています。

メンズ向けの製品もあります

バーバリーブルーレーベルには、メンズ向けの物もあります。レディースと同じように、カジュアルな製品が多いです。
スリムなシルエットが、特徴となっているようです。パンツなどもスリムな物が多くて、本家バーバリーのカジュアル版というような感じです。

このメンズに関しては、レディースから分岐された物という感じです。やっぱりレディース向けのアイテムが中心である、という印象があります。

イギリスのブランド・バーバリー

バーバリー風

バーバリー風のイメージ画像

改めてバーバリーについて言うと、イギリスの伝統的なブランドの一つです。伝統性を保ちながら、現代的なところもプラスされており、世界中の人たちから愛されているブランドです。
一つの例として昔に、オードリーヘプバーンが「ティファニーで朝食を」という映画に出ていて、その映画の中でバーバリーのトレンチコートを着ていました。
このバーバリーのトレンチコートは、「女性らしさ」があって上品です。多くの女性たちから好まれるコートだと思います。

そしてバーバリーチェックと言われているチェックは、特に有名な柄だと思います。
このバーバリーのチェック柄というのは、最初はコートの裏地として使用されていたものだそうです。この特徴的なチェックはコートの裏地やマフラー、ハンカチなどの製品に使われました。

同様にバーバリーブルーレーベルの製品にも、このバーバリーチェックを使った物がたくさんあります。
バーバリーブルーレーベルでは、多くのアイテムが取り扱われています。財布やポーチ、鞄やキーケース、洋服など、多くのアイテムがあります。
それらアイテムの中の一つである洋服について言うと、コートなどアウターで着る物については、バーバリーチェックなどがさりげなく使われています。誰でも似合う感じのデザインになっている、と思います。
あと、トップスやミニスカートなどでも、バーバリーチェックを使っている物が多いです。
なお、洋服の対象年齢は、本家バーバリーよりも若くなっています。

対象の年齢層を広げるためのブルーレーベル

バーバリーというブランドは、とても有名なブランドです。冬になると、バーバリーの紺色やキャメル色のチェック柄のマフラーを見かけたことがある、と思います。バーバリーは、あまりファッションに興味がない人でも名前くらいは知っているという有名なブランドです。

そのバーバリーが誕生させたブランドの中に、バーバリーブルーレーベルやバーバリーブラックレーベルがあります。
このバーバリーブルーレーベルやバーバリーブラックレーベルが誕生した理由は、バーバリーが対象の年齢層を拡大させるためと言われています。
バーバリーブルーレーベルのターゲットは、10代後半から20代半ばまでの女性です。しかし現在では、それ以外の世代の方にも親しまれているブランドとなっています。

ちなみに、本家バーバリーの対象年齢は30代後半以降の方です。スーツやバッグなどのデザインは、大人の雰囲気を出したようなデザインになっています。

ブルーレーベルの製品が見つかるネット通販

バーバリーブルーレーベルのアイテムは、実店舗を始め、通販でも購入できます。
もしも住んでいる近所に「ブランド品の実店舗がない」という場合は、通販を利用すると良いでしょう。通販なら24時間好きな時に、製品を選んで購入できます。ウェブサイト上で、色んなアイテムをじっくりと選んだり、お目当てのアイテムを探したりできます。

インターネット上でバーバリーブルーレーベルの製品を検索すると、新品や中古品が見つかると思います。そしてインターネットのショップサイトでも、バーバリーブルーレーベルの製品が見つかると思います。
新品を始め、あまり痛んでいない新古品を取り扱っているショップもあるようです。そのようなショップでは、ほとんど新品同様で入手できると思います。
そして、意外な掘り出し物や値打ち品が見つかるかもしれません。新品より安く手に入れることができるかもしれません。

また、ネットオークションでも、かなりたくさんのバーバリーブルーレーベル製品が取引されているようです。ネットオークションに抵抗がないという方は、ネットオークションを利用してみましょう。定価販売よりも、安く購入できるかもしれません。

バーバリーブルーレーベルの製品は有名ですが、地方(田舎)では取り扱っている店舗が少ないと聞きます。例えばブランド品を取り扱っている百貨店は、都内近郊などに多いでしょう。
ですがバーバリーブルーレーベルを取り扱っているネットショップを利用すれば、通販で購入できます。地方に住んでいても、簡単に欲しい物が手に入ると思います。

※この記事は2008年当時の記事になります。

タイトルとURLをコピーしました