営業で苦戦する人もいる、経営コンサルタント

経営コンサルタント

経営コンサルタントと聞くと、バリバリ仕事をこなすデキる人というイメージがあります。ですが独立して間もない経営コンサルタントの中には、営業で苦戦している方がいると聞きました。高い専門性を持っている経営コンサルタントでも、営業で成果を出す事は難しいようです。

しかし世の中には、便利なサービスがあるようです。例えば新人の(創業一年未満の)経営コンサルタント向けの営業活動サポートサービスなどです。企業の経営幹部たちに対して、力強く情報発信してくれるサービスだそうです。

このようなサポートサービスを活用すると、新人の経営コンサルタントの方でも経営の問題解決を望んでいる経営幹部たちを見つけ出せる、という事です。そして、経営相談の獲得に繋がるという事です。
独立した人は、「なんでも自分一人で解決しよう」という気持ちが強すぎるかもしれません。ですが便利なサービスがあるなら、それに頼っても(活用しても)良いと思います。

営業のコツ

ふと思い出したのですが、昔ある人から「営業のコツ」というか「商品の売り込みのコツ」を聞いた事がありました。それは「お客さん」が商品やサービスを手に入れたら「どんなに良い事があるのか」、「どんなメリットが得られるのか」、それを教えてあげるというコツでした。

その商品やサービスを手に入れる事で、その後「良い出来事が待っている」と気づかせてあげると商品が売れやすいそうです。多くの人は将来の良い出来事に対して、意外と「お金」を使ってくれるのかもしれません。

世渡り術の一つ・肩書き

ちなみに「○○コンサルタント」や「○○アドバイザー」という肩書きは、例え実績のない人でも世間に都合良く自分自身を認知させるのに便利だと言われています。
このような肩書きは、ビジネス社会における世渡り術の一つと言えるかもしれません。



タイトルとURLをコピーしました