社会人の会話で求められるビジネス敬語

ビジネスマナーで重要な話し方

ビジネス会話している社会人

話し方で、印象が決まります

近年プレゼンだけでなくてビジネスマナーにおいても、話し方が重要とされるようになっています。日々のビジネス会話において、自分の「印象の良し悪し」が決まるからです。

そして営業のための会話術や、効果的なプレゼンテーションを行なうためにも、話し方を磨くことは大切なことと言えます。

ご自身の話し方に不安を覚えている方は、ビジネスマナーの書籍を購入したりして、現場で使えるビジネス会話を習得すると良いでしょう。そして「ある程度のビジネス会話」を覚えたら、あとは現場で繰り返して実践あるのみです。

何度も何度も繰り返してビジネス会話を行なえば、きっと身に付くはずです。以前プレゼンが上手な方に、プレゼンをうまく行なう秘訣を聞いたところ、可能な限りリハーサルを「繰り返し」やっておくことと教えてくれました。「繰り返し」の練習が、やはり大事なようです。

ビジネス敬語

会話が上手く出来るようになってきたら、ビジネスシーンでの敬語について確認してみましょう。例えば、ビジネスマナーの基本である「尊敬語や謙譲語の使い分け」について、いま一度確認してみましょう。

「尊敬語や謙譲語」については、例えば学生の頃、国語のテストで解答するくらいだったかもしれません。実際の会話で、敬語を使い分ける機会はそれほどなかったでしょう。しかし社会人になると、実際の会話で使い分ける必要が出てきます。

尊敬語や謙譲語の使い分け

社会人の会話では、「尊敬語や謙譲語」を使い分けることが求められます
取引先の電話の応対をする時に、「社長は、いらっしゃいません」という言葉遣いをしてしまっては、基本的な教育が出来ていないと思われてしまいます。会社のイメージが悪くなってしまいます。

「話し方や言葉遣い」は、社会人の基本と言えます。その基本的な話し方は、プレゼントークやセールストークにおいても役立つはずです。いま一度「尊敬語や謙譲語」について確認しておくと良いです。

ちなみに尊敬語は、目上の人に対して使う言葉です。謙譲語は、身内に対して使う言葉です。
社長が不在の場合、上司に対しては尊敬語で「いらっしゃらない」と言い、取引先に対しては謙譲語で「おりません」と言うことになります。

落ち着いていれば、そのように答えることができるでしょう。しかし電話に出た時、つい焦ってしまい間違えてしまう、なんて事もあると思います。普段から、敬語を練習しておきましょう。