幼児を教育する保育士

保育士の仕事

保育士の仕事は、0歳から小学校に入学するまでの幼児を教育する仕事です。

基本的な仕事は、保育園や託児所、一時預かりなどに通う子供たちに、「食べる」「眠る」「着替える」「排泄する」などの基本的な生活習慣を学ばせることです。「健康管理」や「しつけ」も行ないます。

保育士の仕事では子どもに対して、正しい理解と深い愛情を維持できるかどうかが重要です。
一人ひとりの子どもの実際の状況や行動をよく観察して、常に細かいところまで注意を払うことが必要です。

また、障害を持つ子供たちを預かる福祉施設において、子どもたちの日常の「お世話をすること」もあります。

保育所以外の施設、養護施設や障害児施設などで働く場合は、そこで暮らす子どもたちのことをよく理解して、彼らが社会的に自立できるように指導して援助する必要があります。

就業場所

就業場所は、保育園を始め、いくつかの場所があります。

女性の社会進出により、保育園に通う子供が増えました。また、企業内にも「産休明け」の女性社員のために、託児所を設けているところも出てきました。

勤務体系の多様化に伴い、夜型延長保育や夜間保育という需要が増えています。子供の生活を24時間の全体で見守る対応が求められています。

このように、保育士資格を持っている人が必要とされる場面が、保育園だけに限らず、多様化してきています。

歯医者や美容院、デパートやイベント会場など、小さな子供がいると困る場所においても、託児施設は重宝されています。ここでも保育士が求められており、人手が足りないという事態も起きています。

この他にも個人宅でのベビーシッターや児童福祉施設など、保育士は多くの所で求められています。

子供たちの味方・保育士さん

保育士さんと子供たち

子供が大好きなので、就職先は子供と関われるところが良い、そう考えて保育士を目指す人は多いでしょう。
一昔前は「保母さん」と呼ばれて親しまれてきた保育士ですが、今では男性の保育士さんもいます。

保育士は、昔も今も子供たちにとって頼もしい存在となっているようです。

資格が必要です

働く女性が仕事をしながら安心して「子ども」を産み育てる、それを支援する保育サービスは、これからの時代に欠かせません。
保育サービスを担う保育士は、「子育て」を支える社会を作るための鍵となります。

保育士として子どもたちと関わって働きたい場合、保育士の資格が必要です。

保育士の資格を得るには、厚生労働大臣が指定する保育士養成施設を卒業する方法と、都道府県が実施する保育士国家試験に合格する方法があります。

いずれの場合も保育士国家試験に合格した後、都道府県に登録して、保育士の名称で保育の仕事を行なうことになります。