キャッチコピーを書く、コピーライターという仕事

コピーライターに興味があります。どんな仕事か、ちょっと知りたいです。

コピーライターの仕事は、広告の文章を書くことです。
特に、キャッチコピーを書く仕事です。

広告文作成の技術や忍耐力が求められる仕事です。
だけど、キャッチコピーで人の心を動かす仕事は、やりがいを得られます。

特にキャッチコピーを書く仕事

コピーライター

コピーライターという職業があります。昔も今も、なかなか人気のある職業です。
広告業界で働きたいと考える多くの人が、注目している仕事です。

コピーライターとは、簡単に言えば、広告特にキャッチコピーを書く仕事です。

広告とは、商品や企業の宣伝を行なうものです。

以下の媒体で、広告をよく見かけます。

  • インターネットサイトのバナー広告。
  • テレビやラジオの広告。
  • 雑誌や新聞の広告。
  • 看板。

そのような場所に宣伝のための文章を書くのが、コピーライターの仕事です。

なお、

  • 「コピー」とは「広告の文章」であり、
  • 「ライター」とは「文章を書く人」

ということになります。

とても難しい仕事

人気のある職業ですが、実際にコピーライターとして働いている人はそれほど多くはありません。

外から見ると、誰でもできる仕事に見えるかもしれません。

実際は、とても難しい仕事です。

生まれながら持っている感性だけでは、ずっとやっていけない仕事です。広告文作成の技術を学ぶ必要もあります。

魅力的なキャッチコピーを生み出すまで試行錯誤し続けることになります。忍耐力がいる仕事であるとも言えます。

コピーライターの作業範囲

コピーライターの仕事の作業範囲を、一概に説明することはできません。
ですがここでは、ごく一般的なコピーライターの作業範囲について、お話ししたいと思います。

企画書作成

企画書

広告のコピーを書く以外にも、作業があります。企画書作成やコンセプト作りなどの仕事です。それらのための関連資料を集める作業もあります。

打ち合わせ

デザイン事務所に勤めていて、デザイナーやカメラマンと一緒に仕事をする場合、彼ら・彼女らと打ち合わせをすることがあります。

管理職の業務

上司の立場のコピーライターであれば、デザイナーやカメラマンに指示を出すという管理職のような業務を行なうこともあります。

一方、部下の立場のコピーライターであれば、「こんな感じ」のコピーを書くように指示されて、作業に取り掛かることになります。

プレゼン

多くの場合で、クライアントへのプレゼンという仕事もあります。プレゼンテーションの資料作成は、結構大変かもしれません。

文章を書く以外の作業があります

以上より意外なことに、コピーライターは文章を書くことよりも、他の活動に時間を費やしていると言えます。

実力があるなら、好きに仕事できます

  • フリーランスとして独立したコピーライターである。
  • 一言のキャッチコピーで大きく稼げる。

そのくらい実力のあるコピーライターなら、自分がやりたいと思う仕事だけやるという感じでも、大丈夫です。

仕事の内容や作業範囲について、自分で好きに決められます。

【まとめ記事】商品やサービスの魅力を伝える広告

広告を使って商品を宣伝すると、多くの消費者が商品の存在を知ることになります。 広告媒体には、以下のものがあります。 インターネット広告。 デジタルサイネージ。 テ…