外貨のドル

ところでFX取引で利益が出ても、その利益が全て自分のものにはなりません。FX業者に支払う手数料やスプレッド、利益に対する税金があるからです。

手数料

手数料については、FX業者によって違います。ここでいう手数料とは、円と外貨の両替手数料のことです。

例えば1ドルの片道で(「売り」または「買い」のどちらかで)、「0.02円から0.4円」という金額だったりします。この場合では1万ドルを売ったら、その手数料は「だいたい200円から4000円くらい」ということになります。

このくらいの手数料だったら、安いと思うかもしれません。ですが、何回も短期売買を繰り返した場合、差益が少ないのに手数料が掛かってしまい、結局は「それほど利益がない」という結果になったりします。

FXの上級者だけでなくて初心者にとっても、手数料が安いことは魅力的だと思います。わずかな相場変動でも、手数料をあまり気にせず売買できるからです。

ちなみにFX取引の手数料は、外貨預金や外貨MMFと比べて安いと言えます。

スプレッド

スプレッドについては、これは「為替相場」と「実際に取引する際の価格」との差です。
例えばドル円(USD/JPY)で「売値100.5 ー 買値100.8」と表示されている場合、そのスプレッドは0.3円となります。
なお、このスプレッドは、FX業者によって異なります。

すでにFX取引をやったことがある人なら実感できると思いますが、ポジションを作る際、スプレッドの幅が結構気になったりします。もしも幅が普段よりも広かったら、それは結果的にコストが増えることになるからです。

特に何回も取引することで利益を稼ぐスタイルの投資家にとっては、スプレッドの幅が縮小されているほうが有利(稼ぎやすい)と言えます。

手数料とスプレッドの合計額が、取引した時点のコストとなります。
FX業者によっては、手数料が安くてもスプレッドが高いという業者もあるようです。FX業者を選ぶ際に、手数料とスプレッドの両方を確認しておきましょう。

税金

FX取引によって得た利益は、課税の対象です。雑所得になります。利益が「一定の金額」を超えると、確定申告をする必要があります。

コストを管理して稼ぎましょう

ほとんどの人は、稼ぐためにFX取引を行なっているはずです。少額でも稼ぎたいと思うなら、投資家が負担する手数料のようなコストは少ないほうが嬉しいです。

FX業者によっては、たまに「スプレッド大幅縮小キャンペーン」を開催していたりします。「ボーナス・スプレッド」や「逆転スプレッドと呼ばれるマイナスのスプレッド」などが、提供されていたりします。
このようなキャンペーンを活用して、コストをカットしてFX取引するのも良いでしょう。