実は、何となく適当にブログでアフィリエイトを始めても、ほとんど稼げないと言われています。
アフィリエイトは、気軽にできる在宅ワークと言われています。だけど実際はビジネスなので、それなりのノウハウや情報を知っていないと稼げません。

例えば、自分のウェブサイトを検索結果の上位に表示させるための数々のノウハウがある、と聞きます。
ウェブサイトの作成に対して「時間」と「お金」を投資できるWEB制作のプロたちなら、それなりに上位表示できると思います。
ですが、素人が趣味で作ったようなブログでは、狙った通りに上位表示させるのは厳しいかもしれません。

キーワードの選び方

検索キーワード

ちなみに検索キーワードにおいては、大まかにビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードの3つに分類できる、ということです。検索対象の「分類の大きさ」で3つの場合に分ける、という考え方になります。

例えば中古車の場合で考えると、ビックキーワードは「中古車」、ミドルキーワードは「中古車 外車」、スモールキーワードは「中古車 ベンツ」となります。

これらのキーワードにおいて最も商品を購入してくれそうな人は、ミドルキーワードを入力してくれた人とされています。
これは「中古車 外車」を探している人に対しては、ベンツ以外の外車も販売できる機会があると判断できるからです。

ただし実際には、そうとも限りません。マニアックなキーワードと言えるスモールキーワードのほうが、商品販売をできるかもしれません。
個人的なブログでは、スモールキーワードを意識して記事を書くほうが、アクセス数を集められると思います。

いま人気のキーワード

例えばツイッターでは、いま流行しているキーワード(話題)を告知しています。このような人気のキーワードを選んで記事を作成するのも良い、と思います。
アフィリエイト記事の作成に行き詰まったら、流行しているキーワードを参考にしてみましょう。

ただし、流行は廃れるのも早いかもしれません。長期的なアクセスアップに役立つキーワードとは、言えないかもしれません。

役立つ記事を提供すること

アクセス数を増やすには、SEO対策が必要と言われています。ですが多くの場合で、どんなSEO対策をしたら検索上位に表示されるか、わからないと思います。

そんな中で、これだけは言える!という対策があります。
それは、「役に立つ記事を提供するウェブサイト」を作ることです。
検索エンジンが日々検索結果の表示基準を変更しても、検索した人にとって役立つ記事を表示する、という基準は決して変わりません。

人が検索する時に、どんなページを見たいか?
見たいのは、有益な記事です。

検索する人も検索エンジンも、「有益な情報」を求めていると思います。
だから役に立つ記事を書くのが、一番のSEO対策と言えます。

そして自分のサイトに良い記事があれば、それにリンクを張ってもらえるでしょう。良い記事に対して支持を表明する外部リンクも、SEO対策となります。

他にも、良い記事が「ブックマーク」や「お気に入り」に登録されると、次回からは直接、その記事にやって来ることになります。
人が繰り返しアフィリエイトサイトにやって来ることは、アフィリエイト報酬を得る「きっかけ」となるでしょう。

記事の文字数

以前の事になりますが、ウェブサイトの1ページ上に長文の記事を掲載したほうが、検索エンジンからの評価が上がるかも?と思ったことがありました。そして、かなり長文の商品レビューを掲載したことがありました。
しかし実際のところ、検索エンジンからの評価は上がらず、検索エンジンから誰も来なかったという結果になりました。

記事の文字数と検索エンジンの検索順位には、ほとんど関係がないみたいです。
文字数を気にするよりも、訪問者にとって「わかりやすい文章にすること」に気遣ったほうが良いです。

なお、テキストエディターの中には、リアルタイムで文字数を表示してくれる機能があったりします。
検索エンジンの評価と文字数は関係ないと理解していても、やはり文字数を意識して、例えば400文字位の文章を書きたい場合、先程の文字数・表示機能は便利です。

稼ぎたいなら、稼げるサイトを作ること

アフィリエイトでは、とにかく稼げるサイトを作ることが前提となります。例えば特化ブログを作るほうが、稼げます。さらにサイトの訪問者にとって、有益なサイトであることが大切です。

稼げるサイトについて学ぶ方法としては、初心者向けの入門講座や、アフィリエイトで稼ぐためのノウハウを学べる研究会があります。その他では、書籍やYou Tube動画でも学べたりします。

稼ぐポイントについては、いくつかの意見があるようです。
アフィリエイトで「コンスタントに稼げる人」と「そうでない人」の違いは、「正しいアフィリエイト用のツールを使っているかどうかだ」という意見が、あったりします。
そのようなツールとしては、グーグルサジェストのキーワードを調べられるツールなどがあります。