クライアントを確保すること、継続してWebライターで稼ぐ方法

これからもずっとWebライターで稼ぐには、どうしたらいいでしょう?

Webライターで稼ぐ方法には、以下のものがあります。

  • 高額な案件を受注すること。
  • 継続して仕事を発注してくれるクライアントを、見つけること。

稼げる案件と長く付き合えるクライアントを見つけたら、稼げます。

継続してWebライターで稼ぐ方法

Webライター

Webライターで稼ぐには、ざっくり言うと、文字単価が高額な案件を受注して、やり遂げることです。

そして、継続して仕事を発注してくれるクライアントを見つけることです。

高額な報酬の案件を毎月継続してやり遂げたら、毎月高収入を得られることになります。

継続して案件を発注してくれるクライアントの確保

何人かのクライアントにおいて継続して案件を受注できるようになると、報酬も継続してもらえるようになります。

よって、毎月一定の収入を得られます。

私の場合、当初はたくさんの案件に応募していました。
断られることも、よくありました。案件の不採用が続くと、無収入が続くことになりました。

でも近頃では、もう応募していません。

「売り込み」をしなくても何人かのクライアントから、毎月一定の仕事があるからです。

リピート発注してくれるクライアントの確保

Webライターをやってゆく上で、私は安定的にクライアントを確保する方法に変えました。

何度か案件を受注しているうちに、リピート発注をしてくれるクライアントが現れました。

そのようなリピート発注を受けると、「新しい案件探し」をする必要がなくなりました。
記事の作成に、時間をもっと使えるようになりました。

さらに今では、毎月数人のクライアントから一定数の案件を頂けるようになりました。
よって、毎月の収入が安定しました。

クライアントに対してある程度の仕事をこなしたら、そのクライアントに

グッズ太郎

また仕事をお願いします

と、声かけすることをお勧めします。

仕事において長期的な関係を築くことは、クライアントにとっても利益と言えます。長期契約してくれるクライアントも、きっといると思います。

「SEO対策済み」の記事を書けること

SEO対策

「SEO対策済み」の記事を書けることは、文字単価(記事単価)を高額にするのに役立ちます。

それは、稼げることにつながります。

SEO対策は、Webライターとしてぜひ知っておきたいことです。
SEOとは、Search Engine Optimisation(検索エンジン最適化)の略です。

インターネット上の記事は、検索エンジンを通じてアクセスされることが多いです。検索エンジンは、独自のアルゴリズムで表示順位を決定しています。

この順位決定アルゴリズムにおいて良い順位を獲得するためには、インターネット上で公開されている記事がSEO的に適切であることが必要です。

「キーワードの問いかけ」を満足させる記事を書けること

Googleを始めとする主要な検索エンジンは、主にキーワード検索を利用して記事を見つけます。

キーワードが「どれだけ記事内容に関連しているか」を基準に、「記事の順位付け」を行なっています。

例えば、「Webライター 初心者 仕事」というキーワードで検索すると、それに関連する記事が順番に表示されます。

Webライターは「検索用キーワード」が意味すること、

例えば「キーワードの問いかけに対する答え」を含む記事を書きます。

そして、検索結果の上位に表示されるようにします。

検索エンジンで上位表示される記事を書けること

Webライターは、検索エンジンで上位に表示されるような記事を書く必要があります。
これは、Webライターと一般のライターの違いと言えます。

Webライターは、人間の読者と検索エンジンの両方から好かれる記事を書くことになります。

Webライターに記事作成を依頼するクライアントは、その記事が検索エンジンで上位に表示されて、アクセス数が増えることを期待しています。

検索エンジンからのトラフィックが増えるということは、消費者が新しいサービスや製品を目にする機会が増えるということです。

これは、インターネットビジネスには欠かせないものです。

執筆する記事において、得意分野を作ること

文章作成という仕事は、参入障壁が低いです。
そして働き方において自由度の高い職業なので、ライターがたくさんいます。
つまり、ライバルが多いです。

稼げるWebライターになるには、他のWebライターと差別化する必要があります。
そのためには、「自分の強み」を活かせる分野を作ってください。

初心者の場合は、案件の幅を広げるために、文章の書き方や構成を学ぶためにも、ジャンルを問わず執筆することをおすすめします。

しかし、ある程度経験を積んだら、自分が詳しく書ける分野を選んで、案件を受注するほうが良いです。

会社員の仕事で得た知識や、人に教えられる趣味や特技があれば、その分野の専門性のある文章を作りましょう。

より高単価の案件を受注できます。

Webライターといっても、人それぞれに専門分野があります。

例えば、私の知り合いのライターは、教育に深く関わっているライターです。
小中学生向けの塾から、文章作成の案件をもらっているそうです。

教育に関する文章を書けることより、単価も高額と聞きます。

専門性があるライターは、他との差別化を図れます。そしてクライアントから、継続して仕事をもらいやすくなります。

こういう好循環が、収入の安定につながると思います。

Webライターの報酬について

文字単価による報酬

ここでは、記事作成の報酬について説明したいと思います。

基本的に、ほとんどの案件は文字単価制です。
1文字ごとに報酬が支払われます
例えば3,000文字で単価が0.5円の場合、1,500円もらえます。

多くの場合、クラウドソーシングを利用して記事作成の仕事をするでしょう。
その場合、一定のサービス料が発生することが多いです。

よって報酬から手数料を差し引いた金額が、実際の手取り額となります。

最初のうちは、1文字あたりの単価が0.1円や0.2円ということが多いです。割と低めに設定されています。

あまりに文字単価が低いと、手元に残る報酬は少額です。

これは、記事作成の経験を積むと同時にお金を稼いでいる、修行しながら小遣い稼ぎしている、という状況です。

ただし、ずっと報酬が安いままでは働き続けることはできません。

報酬が安すぎる案件に応募しないなど、案件を取捨選択することになるでしょう。

Webライター
報酬が高い案件を探すWebライター

記事単価による報酬

一方、記事単位で報酬が決まる案件もあります。

1記事あたりの単価が最初から決まっていて、何文字書いても同じ報酬になる場合もあります。

案件に応募する際は、文字単価なのか、記事単価なのか、確認しておきましょう。

ゆくゆくは高単価の案件受注を目指しましょう

Webライターの仕事を本業レベルでやっていきたいなら、少なくとも文字単価が1円以上くらいは必要です。

そうでないと、作業時間の割に収入が少ないと言えます。

初心者の頃は、案件をこなすだけで大変だと思います。
ですが、一つずつ案件をこなしていくことで、実績を積むことができます。
実績があれば、高単価の案件を受注できる可能性があります。

将来的には、高単価でWebライターの仕事をするようにしてください。

【まとめ記事】月に数万円稼ぐことは可能、ネットでできる在宅ワーク

ネットでできる在宅ワークには、以下のものがあります。 Webライター。 アフィリエイト。 アンケートモニター。 仕事の実績を積み重ねたら、数万円稼げる可能性があります…