胸のコンプレックスを解消できる「きっかけ」になる、バストアップブラ

胸の大きさ

以前に「巨乳ブーム」と騒がれたこともあり、最近では豊かなバストの女性が目立っています。
この「巨乳」と反対のものが、「貧乳」です。貧乳とは、一般的に「胸の大きさ」がAカップ・AAカップ、それ以下のことを意味します。

やはり貧乳はコンプレックス?

女性には、それぞれ個性があります。顔や身長と同じように、女性の「バストの大きさ」も個性と言えるでしょう。

女性の中には、貧乳であることをマイナスなイメージと思っている人が多いようです。
「胸の大きさ」は関係ないと考える人もいます。ですが、やはり貧乳の人はコンプレックスに感じているようです。
貧乳も個性の一つと考えれば良いのですが、「Aカップ」または「それ以下」のカップサイズである貧乳では、悩むようです。

また、「母親も貧乳だから仕方ない」と考えている人もいるようです。遺伝は貧乳の原因の一つかもしれませんが、他にも原因があると言われています。例えば偏った食事や無理なダイエットは、貧乳の原因とされています。

ちなみに昔の日本で着物を着ていた頃では、和服美人になれる人は貧乳の人だったそうです。
貧乳の人のほうが、豊胸の人と比べて型崩れすることなく着物を着れたそうです。ちなみに豊胸の人は、サラシを巻いて大きな胸を隠していたそうです。

呼び方

「おっぱいの大きさ」を意識した呼び方として、巨乳や貧乳などがあります。巨乳と聞くと、「おっぱいが大きい」ことがすぐにわかります。

このように大きい場合と小さい場合に対する呼び方があるのに、普通サイズの「おっぱい」については、特に呼び方はないみたいです。例えば平凡な乳という事より、凡乳(ぼんにゅう)といった呼び方はないみたいです。

胸のタイプ

ここでは参考にして、一般的な胸のタイプについてご紹介したいと思います。

扁平型バスト

バストのトップとアンダーの差があまりなく、ふくらみがないバストです。一番小さいタイプと言われています。

皿型バスト

トップとアンダーバストの差がそれほどなく、お皿を逆さに置いたような形のバストです。「扁平型バスト」と比べると、ややふくらみがあります。

三角型バスト

乳房の先から乳首にかけて反っていて、上を向いているバストです。「扁平型」でもなく、「皿型」でもないものです。

一般的に貧乳と言われている小さなバストは、以上の3タイプ「扁平型」「皿型」「三角形型」に分けられるようです。

半球型バスト

お椀を伏せたような、ふくよかなバストです。球の半分ということより、「半球型バスト」と呼ばれています。
この「半球型バスト」が、バランスが良くて美しいバストとされています。胸を大きくする際、このタイプを目指すことになります。

美しいバストのためのブラジャー

ブラジャーブラジャーの購入について、下着専門の店で購入する場合は、店員さんが「あなたのサイズ」を測ってくれます。そして、自分に合うブラジャーを選んでくれると思います。

下着屋の他でも、例えば百貨店やショッピングセンターでも、手軽にブラジャーを購入できます。その場合では、サイズを測ることなく買ってしまうことが多いでしょう。

体型に合わない物

しかし家で着用してみたら自分のサイズに合わない、ということがあるかもしれません。
自分のサイズに合っていないブラジャーを着用していると、バストの形が崩れてしまいます。自分のサイズに合わない物を、無理やり着用することを止めましょう。
また、ゆるすぎる物だと、バストが垂れてしまう原因になります。

豊胸とブラジャーについては、ブラジャーはバストを支えているだけでなく、形を綺麗に整えるという役割もしています。
自分のサイズに合っていないブラジャーを無理して着用することは、豊胸を妨げてしまう原因になってしまう可能性があります。

体型に合う物

トップについては、乳房がつぶれないで少し余裕があり、アンダーについてはキツいと感じない程度に締め付けていて、自分のサイズにきちんと合っている、そういう物を選びましょう。

ブラジャーを選ぶ際、デザインを重視して選んでしまうという人もいるかもしれません。
しかし貧乳を改善して美しいバストを手に入れるためには、自分の体型に合う物を選ぶことがとても大事です。

例えば「痩せ型で脂肪が少ない人」に対しては、ワイヤーが入っていない物、またはソフトなワイヤーの物が良いでしょう。キツいワイヤーが入っている物だと痛くなったり、肩こりの原因になったりするからです。
ブラジャーを使ってボリューム感を出したい人は、下から持ち上げてボリュームを出す2分の1カップが良いでしょう。または、サイドから寄せる4分の3カップも良いでしょう。

はと胸の人」に対しては、2分の1カップや4分の3カップが良いでしょう。この体形の人の場合、バストの上部にブラジャーの線が食い込んでしまいやすいからです。

ずん胴型の人(アンダーバストとウエストサイズに差がほとんどない人)」に対しては、ブラジャーのホックを留めた時に輪になる形の物が良いでしょう。

自信を持てる「きっかけ」になるバストアップブラ

多くの女性たちは、やはり大きな胸に憧れているようです。男性たちも、胸が大きな女性を美しいと思っているようです。
そういう事情もあるためか、身に付けるだけで胸が大きく見えるという機能的なブラジャーがあります。パットが厚めに入っていて胸の形を作ってくれるブラジャーもあります。

ですが、このようなブラジャーに対して、

「外見が良くなっただけ。実際に裸になった時、その落差に『がっかりする』のでは?」
 

という意見もあります。

しかし外見が良くなれば、おしゃれな服を着られます。そのことで、自分に対して自信を持てるようになるかもしれません。女性の方は、ちょっとだけでも美しくなると、自信を持てるようになると聞きます。例えば体の一部分である爪をネイルアートで綺麗にするだけで、笑顔になれたりします。

なお、バストアップブラを使う際は、同時に胸を大きくする筋トレやマッサージも行なってゆくと良いでしょう。そうすれば将来、本当に豊かなバストになれる可能性があります。

ナイトアップブラ

近年、バストアップ器具としてナイトアップブラが話題になっています。
これは、寝ている間に装着するブラジャーです。例えば微弱電流によって乳腺や乳房細胞を活性化して、バストアップを目指す物があったりします。

また、睡眠中の「バストの横流れ」による「皮膚の伸び」を防ぐ機能があったり、睡眠中、痛くならないノンワイヤーを使用したり、ホックなどに工夫か施されたりしている物もあります。