バストアップしたいなら、ビタミンを取りましょう

バストアップに繋がるビタミン

ビタミンB1

豊胸したいと考えているなら、食生活にも気をつけることが大切になります。

例えばビタミンB1は、豊胸効果のある栄養素と言われています。ビタミンB1は「血行を促進する働き」があり、充分な栄養素がバストへ行き渡ります。なのでバストを発育させることにも繋がる、と言われています。
「ビタミンB1の働き」は、主食(ご飯やパン)や糖質の分解を助けて、それらを「エネルギーに変える働き」です。

ビタミンB1が多く含まれている食品は、動物性の食品では、「うなぎ」や「豚肉」などがあります。植物性の食品では、大豆食品・ごま・栗・青海苔などがあります。
そして美乳になるために良いと言われている食材には、「唐揚げ」や「ローズヒップティー」などがあります。「いいな」と思ったら、ぜひ食べましょう。

毎年夏になると薄着になるため、ご自身のスタイルが気になる女性も多いと思います。女性の「スタイルの良さ」を決めるポイントの一つは、やはりバストです。美乳になるために、日頃から食材や運動に気を配るようにしましょう。

ビタミンB2

ビタミンB2は、バスト育成の効果を期待できる栄養素です。
ビタミンB2は粘膜や皮膚を健康に保ち、「細胞再生の手助け」をします。なのでバストの育成に対しても、効果を期待できます。

ビタミンB2を多く含む食品は、動物性食品では、うなぎ・レバー・卵・牛乳などがあります。植物性食品では、ほうれん草や人参などの野菜、わかめ・海苔・「ひじき」などの海藻があります。
積極的にこれらの食品を、料理に取り入れると良いです。

なおビタミンB2は、「脂肪を燃焼させる働き」もある栄養素です。もしもビタミンB2が不足すると、脂肪の代謝がうまくいきません。この状態は、バストアップを望んでいる人にとっても良くない状態でしょう。体に余分な脂肪がつくかもしれないからです。

脂肪の多い料理を食べる際は、ビタミンB2を「きちんと摂取する」ように心掛けましょう。
あと、バストアップにおいては、食事を制限するダイエットは逆効果となります。なぜなら、バストの脂肪を落としてしまうことになるからです。

緑黄色野菜

野菜ビタミンやミネラルがバストアップに重要という指摘が、あります。

バストアップする方法には、体操やマッサージなどがあります。他にも、食事から取る栄養でバストアップを試みる方法もあります。
バストアップに効果がありそうと言われている食材として、緑黄色野菜や柑橘類などがあります。

緑黄色野菜(例えば「かぼちゃ」など)には、ビタミンやβーカロチン、食物繊維などが含まれています。これらの栄養素は、美しいバストを作るのに役立つと言われています。

バストアップは美容に関する話題だと思いますが、美しくなるためには健康である事が必須です。栄養バランスが良い食事を取る事は、長い目で見ると美しいバストを育てる事に繋がります。
野菜を始め、バストアップに良いとされる食材が色々とあります。ぜひ食べてください。

バストケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム