1級なら就職に有利、CADの資格を取りましょう

CAD利用技術者試験

住宅図面パソコンを使用したCAD関連の資格に「CAD利用技術者試験」というものがあります。
この「CAD利用技術者試験」は平成2年に始まって以来、毎年数万人が受験する試験です。
CADに関係する資格のうち、最もポピュラーな資格が「CAD利用技術者試験」であると思います。

「CAD利用技術者試験」には、1級と2級があります。
1級の試験は、実技試験です。2級の試験は、筆記試験となっています。
※試験については、最新情報をご確認ください。

この試験の特徴の一つは、実際にCADシステムを操作している人の割合が、非常に高いことです。多くの企業がCADシステムを採用しているため、その利用者も多いためでしょう。
また、大学生や専門学校生が、勉強してきた証拠として2級の「CAD利用技術者試験」を受験する、という事例もあるようです。

勉強の期間については、多くの人が1級に合格するために、1年間くらい前から勉強して準備を進めています。
2級であっても、半年くらいの期間は必要であると言われています。

社会人の場合、大学生や専門学校生と違い、パソコンを所有していても資格の勉強をする時間がない、という人が多いと思います。
社会人の場合では、半年から1年くらいの準備期間が必要でしょう。資格の取得のために、隙間時間などを有効に活用しましょう。

気になる合格率は、2級では4割ほど、1級で2割ほどです。
やはり1級になると、難易度は高いようです。
1級については、実際にCADシステムを取り扱うようになってから受験する、と良いでしょう。

試験の出題内容

「CAD利用技術者試験」の出題内容は、どのようになっているでしょうか?
以下におおよその内容を、ご紹介したいと思います。
※最新のCAD試験の出題内容については、試験を実施する機関・団体に、お問い合わせください。

2級

2級の試験範囲は、CADシステムの基本知識が問われます。

2次元や3次元といったCADシステムの基本用語を始め、CADコマンドの使用方法などを正しく理解していることが必要です。
ハードウェアやソフトウェアなど、パソコンの基本知識に関しても問われるようです。

また、パソコンに関する知識だけでなくて、製図に関する知識も当然のように問われます。
図面の見方や用語など、JIS規格に基づく製図の知識を理解しておくことが必要でしょう。
さらに知的財産保護や情報セキュリティに関することなど、CADシステムの周辺知識などについても出題範囲に含まれます。

1級

1級の出題範囲は、実務に基づく内容になっています。

各種条件を設定されて、その条件に基づいて実際に作図する能力が必要となっています。
また、文章によって提示されたことを図面化する能力も必要です。
トレースなどの技術も必要となってくることから、1級の資格を取得するためには、2級よりも長い準備期間が必要となってきます。

なお、「CAD利用技術者試験」の1級を取得した人は、実務に対応できる即戦力があると判断されて、職に就ける可能性が高いそうです。よってCAD関係に転職や就職を考えている人は、ぜひ1級の資格取得を目指してください。

CAD資格の取り方

CADスクール

CADスクールに通いたいと思っている方が増えている、と聞きます。しかし

「CADって、初心者には難しいのでは?」
 

そんな指摘もあります。ですが適切な場所で基礎からしっかり学んでいけば、取得できる技術と言えます。
CADの資格を取るために、資格専門の学校に通う人は多いと思います。スクールの講座なら、充分なレッスンを受けられると思います。

通信教育

CADの学び方としては、やはりスクールに通学する方法が一般的です。しかしその他の学び方として、通信教育でも学べます。学習時間を確保するのが難しい方には、通信教育のほうが向いているでしょう。自分の都合に合わせて学べるからです。

実際のところ、社会人向けの通信教育は多数あります。それらの中でもよく目にする物には、CADや建築、住宅に関する資格を取得できる通信講座です。
近年のCADの通信教育は、かなり「きめ細かいサービス」が実施されているようです。教材はプロが監修したオリジナルな教材であったり、専属スタッフにネット経由で質問できたりするそうです。
通信教育のメリットをフルに活かした講座と言えます。自分のペースでしっかりと学べます。資格の取得に役立つ教材を活用して、堅実に実力をつけたい方におすすめです。

目標を持ちましょう

何か目標を持つことで、さらにスキルアップできると思います。例えば目標として、

  • CADの資格を取った後、実際の仕事の現場で活用していきたい。
  • CADの資格が本当に求められている職業を見つけて、そこで働きたい。

このような目標を、ぜひ見つけてください。目標があるほうが資格を取得できる、と思うからです。

需要が多い「CADの資格」

CADを始め、「建築」や「住まい」に関する資格は、安定した需要の高い資格と言われています。
そして一般企業だけでなく、SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)や在宅ワークとして、個人でも収入を得られる可能性が高い資格と言えるでしょう。

Computer Aided Designもしも自宅にグラフィック性能が高いパソコンがあるなら、自宅でもCADソフトを使って図面を描けると言えます。

実際のところ、自宅でCADの仕事をする人は、まだまだ少数派かもしれません。ですが近年では、昔では企業で行なっていた作業を、自宅のパソコンでも行なえるようになったと言えます。

そう言えば以前に、ネット上のクラウドソーシングの求人で、在宅勤務可能な「CADの求人」を見たことがありました。今後も、そのような案件が登場すると期待できるでしょう。