求人が多いと言われている、CAD関連の仕事

CADの求人

CADは建築関係や機械関係の企業では、必須アイテムになっています。そのため、求人は多いと言われています。
このような分野の産業は、景気の動向に大きく左右される分野です。しかし景気の回復に伴って、求人も増加すると予想されています。

建築図面また、CADシステムが非常に高機能になったため、利用される分野が広まっているようです。
例えば航空宇宙産業などの場合、国際的な分業が進み、CADデータの交換や図面データの添付などが、日常的に行なわれているようです。

CADソフトを動かしているパソコンがインターネットやLANに接続されているので、これらのネットワークを利用してデータを共有できるようになりました。CADシステムは、もはや自分のパソコンの中だけで図面を描く物ではありません。データを共有するシステムになっています。

また、3次元CADなども、広く利用されるようになりました。例えばアメリカのボーイング社などは、航空機の設計において、3次元CADを駆使して設計しているそうです。

今後、中小企業や小さな建築事務所なども、より多くのCADシステムを導入していくことが予想されます。よって、求人も次第に増加していくと予想されます。

CADの資格があると良いです

CADソフトは非常に高価であるため、個人的に購入して自宅で勉強する、ということは難しいようです。そのためパソコンスクールに通学して、CADの資格を取得する人が多いようです。熱意と前向きな姿勢があるので、そこまで行動できるようです。

就職などでは、CAD利用技術者1級の資格を持っていると有利です。その人の前向きな姿勢が、評価される可能性が高いからです。
また、CADの業界で今後も活躍していきたいと思うなら、CAD利用技術者試験は、ぜひ取得しておきたい資格と言えます。

CADオペレーター

CAD関係の資格を取得して、CADオペレーターを目指す人がいると思います。
パソコンを使用したCADオペレーターは、どのような仕事をするのでしょうか?

CADオペレーターの主な仕事は、

設計者が描いた手書き図面を清書して入力する事です。

とりあえず、手書き図面を清書してパソコンに入力するだけであれば、業界未経験の人でも充分に「やっていける」と思います。

CADオペレーターが主に携わる仕事内容は、設計が多いです。そのため「納期」を決められてしまうことが多くて、比較的、残業が多い仕事と言えます。そしてパソコンの前に一日中座りっぱなし、ということも多いです。
そのような労働環境でも、自分の体の健康を管理できるようにしておくことが求められます。

こんな状況ですが、それでもCADの仕事に「やりがいを感じる人」は、ぜひCADの仕事をやりましょう。

CADデザイナー

また、CADデザイナーの場合、CADオペレーターとは違って「設計的な要素に関する知識」も必要となってくるようです。「現場での経験」と「それなりの知識」が、必要となってきます。

例えば家屋の図面を描く場合、設計者のスケッチをパソコンに入力することは、簡単にできます。
しかしドア位置が、部屋の左側から右側へ変更されたとします。この時、CADデザイナーであれば、ドアの位置が変更されたことで、

「他にどの部分を変更したら良いのか?」
 

判断できる能力が求められます。デザイナーを目指す方は、現場の設計も学びましょう。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム