パソコンを使用して効率良く図面を描ける、CADソフト

Computer Aided Design

パソコンのグラフィック機能を活用しているソフトと言えば、ゲームなどのエンターテイメント分野が思い浮かぶかもしれません。ですがコンピュータ・グラフィックの活躍の場は、それだけではありません。例えば、建築や住宅などの分野でも活用されています。

CADという言葉を、今までに聞いた事があると思います。

「Computer Aided Design & Draft」の事を意味しており、コンピューターを使った設計や製図の事です。

製図・図面昔では、人の手で製図や図面を作成していました。なので、かなり時間が掛かる作業だったそうです。

今では、コンピューターを利用しています。よって短時間で正確に、作業できるようになりました。

時間の短縮だけでなく、正確に図面を描く難易度が下がりました。ある程度の基礎知識は必要ですが、多くの人たちがCADを使えば、今まで以上に図面を描けるようになりました。

CADとは

「Computer Aided Design」の略です。パソコンなどのコンピューターの能力を利用してデザインする事を言います。

そしてCADシステムとは、パソコンを使用して図面を描くシステムの事を言います。
CADを使う以前の設計では、製図用の紙に専用のペンを使用して設計を行なっていました。
しかし現在では、製図台はパソコンに替わり、専用のペンはマウスに替わりました。

CADの種類は大きく分けて「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類があります。
汎用CADとは、どの分野にも使用可能なCADの事です。例えば「Auto CAD」が、代表的なCADと言えるでしょう。
専用CADとは、ある一部の専門分野に特化した機能を持つCADの事です。例えば服飾デザインや造園の設計、3Dの配管図面の作成などに特化したソフトです。

オペレーターに求められる業務能力

ところでCADのオペレーターには、どのような能力が求められるのでしょうか?
例えば機械関係や土木建築関係のCADオペレーターは、単に円を描いたり、線を描いたりという能力を習得するだけでは不十分です。

既存の図面の意図するところを読み取る能力や、設計者が描いたスケッチを図面化する能力も求められます。

一方で専門分野では、設計者自らがCADを駆使して図面を描くことも多いようです。
設計者にとっても、より優れた設計をするためには、CADを使いこなすことが必要になってきます。

自動車分野や機械、電気や造船、土木建築など、様々な分野でCADは使用されています。なので、CADのオペレーターは色んな分野で仕事ができる、と思います。

「Auto CAD」ソフト

パソコンのCAD市場の中で非常に高いシェアを占めているのが、「Auto CAD」というソフトです。オートデスク社が提供しているソフトです。
「Auto CAD」は業界標準のCADということで、建築や土木分野、電気や機械分野など、様々な分野で利用されています。

実はパソコンを利用したCAD製品には、「Auto CAD」以外にも様々なソフトがあります。ですが業務において、「納品データは、Auto CAD方式で」と依頼されることが多いようです。そのためCADの業界では、「Auto CAD」が標準であると考えられています。

「Auto CAD」の資格

「Auto CAD」を利用する際の技能に対する資格もあります。それは「Autodesk Master(ADM)」という資格です。

この資格は、「Auto CAD」を中心としたオートデスク社製品の技能試験をクリアすることによって、取得できる資格となります。
※この資格については、最新情報をご確認いただけたらと思います。

「Autodesk Master」の試験内容は、パソコン初級者レベルのCADオペレーターから熟練した設計技術者まで対応できるように、様々なレベルに分かれています。
ユーザーの習熟度に合わせて、それぞれのレベルに見合った試験内容になっているようです。

試験内容のレベルの例。
2次元の作図を対象とした「2D Design」「2D Expert」などがあります。
3次元の作図を対象とした「3D Design」「3D Expert」などもあります。

この資格試験を受験する人は、20歳代から30歳代の人が多いようです。そして40歳代の人もいるようです。CADを利用して5年から10年くらいの経験者が多いようです。

「Auto CAD」は、2年に1回のペースでバージョンアップが行なわれます。バージョンアップの内容も、試験に反映されていきます。そのため、この資格試験を受験しようとする人は、最新バージョンによる学習を行なう必要があります。
※バージョンアップの頻度については、最新情報をご確認いただけたらと思います。

「Autodesk Master」の特徴としては、すぐに実務に役立つということが挙げられます。
実務に使用している「Auto CAD」や「オートデスク製品」を使用して操作技術を学んでいくため、実際の業務に「すぐ役立つ」という訳です。

ただし、「Autodesk Master」の資格を持っているだけでは、CADオペレーターとしての仕事に就ける保証はありません。
この資格だけでなく、「プラスαの技術も学んでゆく心構え」が必要です。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム