キャンドルのマイナスイオンで、リラックスしましょう

晴れ渡った天気の良い日に、森や渓谷に行ってマイナスイオンを思いっきり浴びたい。日々忙しい人ほど、そんなリラックスタイムを望んでいるでしょう。ですが現実のところ、森や渓谷に出掛ける暇もないという人が多いようです。

手軽にマイナスイオンを浴びて、リラックスしたい。そんな方は、キャンドルの火を灯してみましょう。

マイナスイオンは、キャンドルからも出ています。

キャンドルに火を灯すと、火が燃える際に水分が発生します。その水分からマイナスイオンが発生する、と言われています。

キャンドルから発生するマイナスイオンは、渓谷で発生するマイナスイオンに負けないくらい発生している、という意見もあります。キャンドルを使ってマイナスイオンを浴びる、というリラックス法を、興味あれば試してみましょう。

なおキャンドルには、色んな形があります。よく見かける細長い物は、テーパーキャンドルと呼ばれている物です。

このキャンドルを使う場合は、キャンドルホルダーの上に乗せて使うことになります。ホルダーに、ガラスのホヤが付いている物もあります。例えばエアコンの風が吹いている室内では、キャンドルの炎をホヤで囲むほうが良いでしょう。

ずっと火がついているキャンドルで、リラックス

細い物ではなくて、とても太いキャンドルがあります。ラウンドキャンドルと呼ばれている物です。こちらは炎の燃焼時間が、とても長いです。

一人で「じっくりとリラックス」したい時に、このような長く火がついているキャンドルが良いです。

キャンドル太いキャンドルなので、お皿の上に置いておくと良いでしょう。

このように「大きさ」を始め、キャンドルには「形や色、香り」にも種類があります。ご自身が一番リラックスできるタイプの物を、選んで使いましょう。