車の防犯対策

車の盗難対策

車の盗難が発生した場所として、屋外の契約駐車場が指摘されています。その他にも屋内の契約駐車場や、自宅の屋外駐車場・屋内駐車場でも盗難が起きています。
契約駐車場や自宅の駐車場では、犯人は車が止められている曜日や時間帯を把握しやすいです。そのために、盗難が起きる件数も多くなっています。

犯人は事前にかなりの調査をして盗む車を選んでいる、と言われています。例えば、インターネット上に書かれた個人の車に関する情報(どこに住んでいる人が「どんな車種の車」を持っているかなど)を調べ上げて、盗む車を決める際に「その情報」を参考にしている、という指摘もあります。
人気車種や高級車を「お持ちの方」は、SNSなどで情報発信する際、地域や個人を特定されないように気をつけたほうが良いでしょう。

ちなみに普段からできる車盗難の防犯対策としては、鍵をかけることです。
簡単に実行できる対策ですが、うっかり鍵をかけ忘れる場合があるようです。例えばキーレス対応車では、運転手が鍵を閉めたつもりでも鍵が開いたままだった、ということもあるそうです。鍵を閉めたら、音だけではなくて目視でもきちんと確認しましょう。

車上荒らし対策

車上荒らし「車上荒らし」など、車内の貴重品を狙った犯罪が起きています。

一例として、あるパーキングに一晩停めてあった車の中から、現金やノートパソコンが盗まれた事例がありました。
その車を停めていた人は、明け方車に戻ってきた時、異変に気づいたそうです。運転席の窓ガラスが、壊されていたそうです。実はパーキングに車を停めた「その日」に限って、貴重品を車の外から見える場所に置いてしまったそうです。

別の例では、自宅アパートの駐車場に車を停めていたところ、「車上荒らし」に遭った人がいました。運転席の鍵が壊されており、CDや衣類などが盗まれたそうです。

以上のような「車上荒らし」に対する防犯対策としては、警戒用ライト盗難発生警報装置を付ける方法があります。

タイトルとURLをコピーしました