介護サービス計画を作る専門家・介護支援専門員

介護支援専門員

介護支援専門員とは、介護保険制度により新しく誕生した専門職の事です。一般的にはケアマネージャーと言われています。ちなみに法律上や役所の公的文書では、介護支援専門員と言われています。

介護支援専門員となるには、「介護支援専門員 実務研修受講試験」に合格して、さらに実務研修修了者であることが必要です。
この試験の受験資格としては、法定資格の医師や看護士、栄養士や歯科衛生士などが、5年以上の実務経験を得ることです。
これらの法定資格がない人に関しては、介護施設などでの実務経験が10年以上ある人と定められています。

介護支援専門員は、介護支援事業所に所属したり、独立して開業したりしています。その仕事は、介護保険において要介護や要支援と認定された人に対して評価を行ない、対象となるサービスについてケアプランを作成します

主な仕事の内容は、以下のような事です。

  • 市町村から委託を受けて、訪問調査をします。
  • 市町村を始め、居宅サービス事業者や介護保険施設などと連絡して調整を行ないます。
  • 介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。

介護支援専門員は、「要介護者や家族」と「介護サービスの提供施設や業者」を繋ぐ役割を果たします。介護保険制度を実行する上で、それぞれの人に合うサービスを組み立てる仕事を行ないます。

求められる能力

介護支援専門員を志すに当たって必要とされることの一つに、情報収集・分析能力というものがあります。
要介護者に認定された人が介護保険にのっとりサービスを使用しようとしても、どこにどんなサービスがあるのか、よくわからない場合がほとんどです。

介護支援専門員は、これらサービスの内容や料金、さらには現在すぐに入れるかどうかという施設の空き状態まで、把握しておく必要があります。
さらに介護支援専門員は、要介護者の自宅の状況を把握して分析することで、どのような改装工事が必要かという計画を立てたりもします。
以上の事からも、介護支援専門員には、情報収集・分析能力が求められることがわかります。

ケアプラン

一般的に「ケアプラン(介護サービス計画)」は、介護支援専門員によって決められるものです。在宅で要介護と認定された方に対して、サービスの種類や内容が決められます。ケアプランを作成する際は、要介護者と家族の希望、家族の状況に応じて作成してゆきます。

このケアプランについては、利用者本人や家族が作成する事もできます。しかし一般的には、居宅介護支援事業者に依頼をして、介護支援専門員に作成してもらうことになります。

作成してもらう費用については、全額介護保険給付の対象になります(2007年時点)。
また、ケアプランを作成するためには、市区町村に届出が必要となります。

なお、作成したケアプランは、ずっと続く訳ではありません。要介護認定は、基本的に半年毎に見直しされます。なので、それに合わせてケアプランも見直されることになります。
あと、介護自体に不都合があった場合は、ケアプランを変更できることになっています。

介護支援専門員は作成したケアプランをもとに、介護サービスを提供している事業や施設と連携を取り、サービスが利用できるように便宜を図ります。

介護支援専門員の資格

福祉の資格を希望する多くの人たちは、介護支援専門員の資格取得を希望していると言えます。この資格は、福祉系資格試験を受験して取得するものです。

介護支援専門員とは、ケアプランを作る専門職です。「要介護者」や「要支援者」たちが、それぞれに適した介護サービスを受けられるように、ケアプランを立てます。
ここで言う「要介護者」や「要支援者」とは、2000年4月に開始された「介護保険制度」によって認定された人たちです。

介護施設は、病院とは違う施設です。そのため、介護するためには「きちんとした介護プラン」が必要です。介護支援専門員の資格は、その介護プランを作るために必要なものです。

介護支援専門員の資格を取得するためには、保健・医療・福祉の各分野で合わせて5年以上の実務経験が必要です。そして、各都道府県の「介護支援専門員 実務研修受講試験」に合格して、かつ実務研修修了者であることが必要です。

この資格を受験するには、医療に関する一定の条件を満たしている必要があります。よって、全然医療と関係がない人は、試験を受けることはできないです。

ちなみに、国家資格が必要な職業は、ある程度の社会的地位が保証されていると言えます。資格によっては、独立・開業も可能ということです。ただしその分、国家資格の勉強は大変だと思います。だけど、もしも福祉の仕事に興味があるなら、資格の取得を検討しましょう。

世の中から必要とされる専門家

今後、ますます高齢化社会になっていくので、介護支援専門員は今以上に必要とされる人材と言えます。

ただし介護支援専門員の仕事は、責任が重くてハードな仕事と言われています。求められる知識も多いです。介護保険制度に詳しい事はもちろんのこと、福祉や医療の分野の数々のサービス内容を知っておくことが必要です。

要介護者の方が満足できるサービスを受けられるように、介護支援専門員がしっかりとサポートする必要があります。要介護者からの満足度を高めるためには、サービスの「内容の良さ」を保ちつつ、料金的にもリーズナブルである事が必要です。料金とサービス内容のバランスを取る事は、結構難しいかもしれません。

あと、介護支援専門員はその立場上、公平であり中立であることが求められます。さらに要介護者の権利を守り、倫理観を持って仕事を遂行することになります。
介護支援専門員の方は色々と気遣って、介護の支援を行ないます。ですが、うまくいかない事もあると聞きます。相性が悪いという理由で、ケアマネージャー変更の申し出をされてしまう事もあるそうです。

介護支援専門員以上色々と言いましたが、大変だけれども人の役に立つ「やりがいのある仕事」であるのは間違いありません。
最初は、業務を遂行するのが大変かもしれません。ですが日々経験を積むことで、誰からも頼りにされる立派なケアマネージャーになれると思います。

もしも今、介護支援専門員になりたいと思っているなら、ぜひ資格を取ってください。あなたを必要としている人が、たくさんいると思うからです。

なお、介護の制度については、将来変更される点もあると思います。
最新の制度の内容を、ご確認ください。
※この記事は2007年当時の記事になります。