介護の専門家・介護福祉士

介護士

介護する女性介護士とは、介護福祉士などの介護の専門家のことを言います。
介護福祉士は、病院勤務の他にも、高齢者の施設や障害者の施設、在宅での介護も行ないます。
介護福祉士は、高齢者や障害者という「日常的な手助け」を必要とする人たちに対する介護や、「本人」と「その家族」に対する相談や指導などを行ないます。

介護士になるには、介護系統の実務を3年以上こなすか、定められた学校の過程を卒業して国家試験の受験資格を得ることが、必要になります。※詳しくは、介護福祉士国家試験の受験先に問い合わせてください。

その他の介護士には、動物の介護士という職業もあるようです。大切な猫や犬が健康で幸せに生活できるように、「健康管理」や「しつけ」「トリミング」などの知識や技能を求められる職業です。これらの知識や技能は、動物病院やペットショップへの就職にも役立つと言えます。

介護福祉士

介護福祉士とは、高齢者や身体障害者、精神障害者の食事や入浴、排泄などの介護を行なう人です。そして、「介護を受ける本人」と「その家族」に対して指導も行ないます。

介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれています。1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」によって定められた、介護福祉方面での唯一の国家資格です
資格が作られた背景は、日本の高齢化社会に対応するためです。障害を持った方や、寝たきりの高齢者が安心して介護を受けられるようにするために、介護の専門家を認定する資格が作られました。

なお、以下の条件の人は、国家試験を免除されるそうです。
3年以上の介護の実務を経験した。
同等の実力を持つ者が、国家試験を受けて合格した。
国の指定期間である介護福祉士養成学校などで、教育を受けて卒業した。
※最新の条件については、介護福祉士国家試験の受験先に問い合わせてください。

介護福祉士は、介護施設や在宅介護において介護援助の専門職として活躍を期待されている職種です。近年、要介護者が施設に入所するだけでなくて、在宅介護という選択肢も選べるようにするため、介護福祉士の活躍がより一層期待されています。

その仕事では、介護に関する技術や知識はもちろんのこと、調理や栄養学、一般的な医学や福祉など、実に様々な分野の技術や知識が求められています。
さらに体力も必要とされています。なぜなら、要介護者の移動をサポートしたり入浴の介助をしたりする際、体力が必要だからです。人の役に立つ有益な仕事ですが、かなりハードな仕事と言えます。ですが、もしも介護福祉士になりたいという志があるなら、ぜひ介護福祉士になって活躍してください。

ところで、介護福祉士とホームヘルパー(訪問介護員)との違いは、介護福祉士はホームヘルパーの上位に位置する資格であることです。
介護福祉士が国家資格なのに対して、ホームヘルパー1級から3級は公的認定資格となります。厚生労働省の定めた養成課程を終了すれば、ホームヘルパーになれます。
また、両者とも、介護全般に関する仕事を行ないますが、行動範囲では、ホームヘルパーは介護福祉士に比べて狭いです。そして、給与や待遇の面でも常勤職員と非常勤職員とで差がつくなど、介護福祉士のほうが優遇されるようです。

准介護福祉士

2007年3月に国会において、社会福祉士法と介護福祉士法の改正案として、准介護福祉士の資格が追加されることになりました。
これらの改正案によると、介護福祉士の試験を受けるにあたって2013年1月の試験より、全員が国家試験に通らなければならない、ということになっています。
准介護福祉士という資格は、2年以上の介護福祉士養成学校などを卒業後に、国家試験をまだ受験していないか、受験したけれど不合格だったという人に対して、与えられる資格です。

准介護福祉士は、介護福祉士の資格取得に対して努力をしてゆくことになります。国家試験を受ける予定の人たちは、その間、准介護福祉士という立場になります。
この准介護福祉士の資格は、法律で定められた資格です。しかし介護保険制度上での位置づけなどは、未定であるということです。

改正案によると、2年以上の介護福祉士養成学校の定義も新たになるようです。
今までは、学校終了までに1650時間以上を消化すること、となっていました。
しかし法律の改正後は、1800時間以上の時間を学校で消化していなければ、少なくとも准介護福祉士にはなれない、ということになります。

なお、准介護福祉士については、今後廃止になるという意見もありました。

介護分野の求人

新たに介護保険法が改正施行された当時、介護分野の求人は増加したようです。

しかし実際に働いてみると、賃金が思ったより低かったり、女性にとっては「ある一定以上働くこと」で税金面で不利になったりと、問題があったようです。そのため、介護の資格を取得したけれど働いていない人は、かなりいる様子でした。

「身分の不安定さ」も、問題となりました。例えばホームヘルパーの場合、正規の職員として働けるのは少数でした。その多くは、時給などで働くパート職員が多かったようです。
介護保険の施行によって、給与の額も制限されました。その日によって一日に泊まることがある日とない日とでは、給与も毎日変わりました。

高齢化社会の到来が指摘されている現在では、介護や福祉の職種に注目が集まっています。しかし待遇や給与の面において、引き続き問題点が指摘されています。だけど、世のため人のためになる仕事なので、今後の需要は増えてゆくでしょう。それに伴って待遇面が改善されていけば、ますます注目を集める職種となるでしょう。

介護や福祉の職種にはいくつかありますが、よく知られているものには介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャーなどがあると思います。
介護福祉士は、一人で生活を送るのが困難な方に対して、食事や入浴、排泄などにおいて補助を行ないます。
ホームヘルパーは、介護を受ける方の自宅に訪問して、食事や掃除などの補助を行ないます。
ケアマネージャーは、介護を受ける方の家族からの相談を受けて、その家族にとって適切な施設や介護のサービスを紹介します。

以上、それぞれの介護の仕事をについて大まかに言いましたが、どれも世のため人のためになる「やりがいのある仕事」と言えます。志ある方は、ぜひ「これらの仕事」を目指してください。

なお、介護の制度については、将来変更される点もあると思います。
最新の制度の内容を、ご確認ください。
※この記事は2007年当時の記事になります。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム