介護付き有料老人ホームのトラブル事例

老人ホームのトラブル事例

契約の解除

戸惑う入居者終身介護を謳っている介護付き有料老人ホームが、多く見られます。終身介護と聞いたら、その老人ホームに入所したら人生の最期まで「そこで介護を受けることができる」、そのように考える方が多いと思います。
しかし実際には、退去要件に当てはまった場合、老人ホーム側から契約の解除を申し渡される場合があると聞きました。

契約の解除を申し渡される事例として、入居者が長期入院している場合や、認知症によって問題行動を起こしている場合などがあります。実際のところ、老人ホーム側や他の入居者から見て、困った状態になったりトラブルの原因となったりしている場合、契約の解除を言い渡されるようです。

途中で入居者の契約が解除される事は、終身介護を期待していた「本人」や「ご家族」において、大変な精神的な苦痛となるでしょう。このような万が一の場合に備えて、退去の要件や過去の具体的な契約解除事例などを確認しておくと良いです。良心的な老人ホームなら、そのような万が一の場合について、丁寧に説明してくれると思います。

グループホーム

なお、認知症に対応した共同生活を送れる介護施設があります。グループホームと呼ばれている施設です。認知症であり要介護者である人たちが数人集まって、共同生活を送る施設となります。
この施設のサービス内容には、食事や入浴を始め、トイレでの排泄もサービス内容になっています。

要介護者は介護スタッフによる支援を受けて、日常生活に求められる機能の訓練・リハビリを受けることになります。リハビリによって、痴呆症の方でも将来改善するかもしれないという可能性を考慮しているようです。

施設の雰囲気は、家庭的な雰囲気を目指している所が多いと聞きます。たぶんそうするほうが、認知症の進行を食い止めるのに良いからでしょう。

このようなグループホームでは、生活しやすくするためにすでに整備が実施されています。よって基本的には、福祉用具の購入をできないようです。ですが、すでに必要な物が揃っている施設なので、多くの場合、福祉用具を追加で購入することはないでしょう。

届け出なしの施設

「介護付き」と表記できるのは、各都道府県から認定を受けた施設のみとなります。
もしも有料老人ホームの届け出を出していない施設があったら、それは要注意です。老人福祉法で決まっている届け出を怠っている施設は、類似の施設であり、老人ホームに求められている一定の基準を満たしていない可能性があるからです。

残念なことですが、老人ホームに入居してみたところ、パンフレットなどに書かれている内容と全然違っていた、なんていうトラブルも起きています。
「とてもアットホームな雰囲気です。スタッフは皆親切です」。
その通りなら問題ないです。しかし実際は、その逆だったなんていうこともあったりします。
後ろめたい施設は、契約書などの重要な書類を素直に見せてくれないと聞きました。重要な書類を見せないという行動からは、施設側の本音を知ることができます。

医療費の二重払い

「入院に関する金銭の悩み」は、様々な場面であるようです。例えば、有料の老人ホームに入居していた「お年寄りの方」が病院に入院することになった場合に、お金の問題が発生しがちです。どんな問題かと言うと、医療費が二重払いになってしまうことです。

病院に入院した場合、有料老人ホームにいないことになります。ですが、老人ホームの家賃を支払わなければならない場合があるそうです。
それぞれの老人ホームによって、支払いに関する規定は様々だと思います。場合によっては、二重払いになってしまう――病院の入院費と老人ホームの家賃を同時に払うことになってしまう――そうです。

もちろん納得いかない場合もあるでしょう。そんな時は介護関係の専門家に相談して、規定を守りつつ節約する方法を探してください。

事前に情報収集しましょう

多くの人たちにとって有益な介護施設である有料老人ホームにおいて、残念なことに今まで様々なトラブルが起こりました。よくあるトラブルの事例としては、介護サービスの内容や費用が期待した内容とは異なっていたなどがあります。

これらのトラブルの原因が、有料老人ホーム側の不当な表示にある場合が目立ちました。そのため、厚生労働省などが対策に乗り出しました。さらに各都道府県においても、老人ホームの運営指導指針を独自に定めました。

現在では昔と比べて、行政による老人ホームへのチェック機能が働いています。よって状況は、改善方向に向かっているだろうと思います。
しかし行政のチェック機能にも限界があるでしょう。入居を考えている老人ホームに関して、事前に出来る限り確認しておきましょう。優良な老人ホームであるかどうか、最終的にはご自身の目で判断しましょう。

なお、老人ホームが良いか悪いか?判断をするには情報が必要です。
一昔前の老人ホームには、不透明性があったそうです。しかし近年では、第三者による老人ホームの評価と情報の開示が行なわれているようです。第三者の評価が公開されている老人ホームなら、ひとまず安心できると思います。より多くの老人ホームが、積極的に情報開示してくれる事を願いたいと思います。

見学

老人ホームの入居先を選ぶ際、実際に見学することをおすすめします。やはり実際に施設を見ないと、わからないこともあるからです。入居される「ご本人」と「ご家族」一緒に、老人ホームの見学に行くと良いです。ウェブサイトやパンフレットに書かれていない、現場ならではの情報も手に入るかもしれません。

見学する際の確認事項は、介護スタッフの態度や他の入居者の人たちの表情、食事の内容など多数あります。スタッフや他の入居者たちが気持ち良く挨拶してくれたり、声をかけてくれたら、そこは人間関係が結構良いところかもしれません。

ただし100%完璧な老人ホームは、存在しないでしょう。なので困った時や苦情を言いたい時に、相談できる窓口があったら良いです。特に専門家が常に相談に乗ってくれる窓口があると、心強いです。

体験入居

見学することから、さらに一歩進んだことに体験入居があります。体験入居なら、夜間の様子を始め、老人ホームにおける一日の日常生活を体験できます。体験入居では、それなりの費用がかかりますが、やってみる価値はあると思います。

なお、老人ホームの契約内容については、将来変更される点もあると思います。
最新の契約内容を、ご確認ください。
※この記事は2007年当時の記事になります。