野菜

野菜

安全性が高いと言える無農薬野菜

無農薬野菜とは、野菜の「栽培期間中において」農薬を使わずに栽培した野菜の事を言います。農薬を使わないということより、安全性の高い野菜と言えるでしょう。 無農薬野菜の見た目は、「虫食い」の跡があったりします。ですが、味には問題ないと言えます。
野菜

夏に美味しいスイカ

毎年夏になるとスイカを食べます。食べる際、スイカの種がちょっと邪魔だけど、味はとても美味しいです。 スイカの栄養面については、シトルリン、リコピン、リン酸、カリウムなどが含まれています。利尿作用や解熱作用がある、と言われています。
野菜

栄養豊富な冷凍野菜

市販されている冷凍野菜とは、マイナス30度以下の低温で急速に冷凍した物です。 冷凍食品は、旬の時期に収穫した物を工場で加工して急速に冷凍しています。よって、栄養が豊富に含まれています。
野菜

昔から金沢で栽培されてきた加賀野菜

伝統野菜の一例として、加賀野菜があります。ここで言う加賀とは、現在の石川県金沢周辺の地域を意味しています。 加賀野菜の例を言うと、「金時草」「くわい」「赤ずいき」などがあります。
野菜

野菜と脳の健康

もしも野菜が不足していると、「知能低下」や「性格を歪めるような症状」が現れるという報告があるそうです。脳に関係する栄養素については、ビタミンやミネラルの過不足が情緒不安定など、脳に影響を与えることがあります。脳の健康を考えた場合、食事で野菜を取りましょう。
野菜

キャベツのレシピ

以下のようなキャベツのレシピを、紹介しています。 ベーコンロールキャベツ:ひき肉をキャベツで巻いて煮込んだ料理。 キャベツの丸ごと蒸し:圧力鍋を使った料理。 蒸しキャベツとグレープフルーツの「酢の物」:蒸しキャベツを使った料理。
野菜

野菜の鮮度を保ったまま保管できる場所

野菜の鮮度を保ったまま保管したい場合、冷蔵庫の野菜室で保管しておけば問題ないでしょう。冷蔵庫の野菜室は、野菜にとって心地良い環境と言えます。 冷蔵庫以外の場所では、冷暗所があります。暗くて、ひんやりしている場所です。野菜の根菜類は、冷暗所で保管できるとされています。
野菜

ビタミン豊富で老化防止、かぼちゃ

夏の野菜の一つである「かぼちゃ」は、ビタミンが豊富と言われています。よって体に良くて、老化防止を期待できる食材と言われています。 品質の良い「かぼちゃ」は、中身が濃い黄色の物だそうです。そんな美味しい「かぼちゃ」を用いた料理を、ぜひ食べてください。
野菜

血糖値を下げると言われている、伝統野菜のゴーヤ

伝統野菜と言われつつ、今では全国的に知られている野菜があります。例えば沖縄県のゴーヤです。健康食品の材料としても使われていて、知名度のある野菜と言えます。 健康と言えば、ゴーヤは血糖値を下げる野菜と言われています。高血糖が気になる人は、ゴーヤを積極的に食べると良いでしょう。
野菜

夏を乗り切るため、体を冷やす夏野菜を食べましょう

夏に旬な食材である夏野菜は、体を冷やしてくれる効果を期待できる、とされています。夏野菜を食べて、「体のほてり」を取りましょう。 体を冷やす夏野菜として、「トマト」や「きゅうり」「ナス」があります。
タイトルとURLをコピーしました