睡眠

睡眠

人によって違いがある睡眠時間

睡眠時間については、個人差があります。大まかに言うと、短時間睡眠者と長時間睡眠者に分かれます。 なお長時間の睡眠が必要であっても、病気ではありません。睡眠では「熟睡すること」が大事だと思います。 睡眠によって心身の疲労を回復できているなら、問題ないです。
睡眠

「眠り」を誘うメラトニンというホルモン

メラトニンというホルモンは、「眠り」を誘う効果があることで知られています。 メラトニンは、人間の睡眠や覚醒のリズムを調整する作用を持っています。メラトニンによって覚醒と睡眠のサイクルをうまく調整することで、自然に眠くなれます。
睡眠

「寝付き」を良くしてくれる日光

人の体内時計は、25時間と言われています。しかし一日の実際の時間は、24時間です。なので毎日1時間ずつ、眠気がやって来る時間が遅くなっていく事になります。 身体に朝日を浴びる事で、この毎日「1時間のずれ」を修正できます。体内時計を調節して寝付きを良くするために、日光に当たるようにしてください。
睡眠

失敗する「きっかけ」になる睡眠不足

睡眠不足が続くと日常生活において、注意力が不足します。そんな状態では失敗が多くなるなど、支障が出てきます。 例えば睡眠不足は交通事故のきっかけになる、と指摘されています。研究者の中には、睡眠不足の運転は飲酒運転と同じくらいに危険だと指摘している方もいます。
睡眠

よくわからない「悪夢の原因」

悪夢については、医学的には解明されていません。一般的に悪夢の原因としては、精神的なストレスやトラウマでレム睡眠が増えてしまい、睡眠自体に障害が起きているからとされています。 実際のところ、悪夢を防ぐ効果的な対策はあまりないようです。
睡眠

健康のために、大人もやったほうが良い昼寝

健康に良い睡眠の一つに、昼寝があります。昼寝には、「体に溜まった疲れ」を回復させるという効果を期待できます。 昼寝と言えば、子供がするものという印象があります。だけど出来るなら、大人も昼寝したほうが良いです。気分も良くなり、思考能力や作業効率も高まるからです。
睡眠

快眠するための布団選び

気分良く安眠するためには、「布団選び」が重要と言えます。 良い布団とは、違和感なく使用できる物だと思います。例えば布団が「ちょっと硬い」と感じる場合、その布団は自分の体に合っていない可能性があります。 掛け布団に関しては、身体に圧迫感をかけない物が良いです。
睡眠

朝「起きるのがツラい」なら、光を使って起きましょう

「目覚まし」の方法として、光で起こす「やり方」があります。 目覚まし時計の中にも、光目覚まし時計と呼ばれている物があります。音だけでは起きられないという方に向けて、光を使って起こしてくれる目覚まし時計です。 睡眠が浅い時に起こしてくれるそうなので、楽な気分で目が覚めるそうです。
睡眠

副作用なし、自然の睡眠薬・バレリアン

バレリアンは、不眠症に効果があると言われているハーブです。ヨーロッパでは、自然の睡眠薬として多くの人が使用しています。 バレリアンは天然の素材なので、医師が処方する睡眠薬と比べて副作用がありません。よって安心して、使用できます。
睡眠

リラックスさせて「眠り」を誘うアルファ波

人間の脳は、活動している時にベータ波(β波)を出しています。そしてリラックスしている時に、アルファ波(α波)を出しています。 リラックス効果を期待できるアルファ波を、睡眠に活用する方法があります。 例えば就寝前のひと時、ヒーリング・ミュージックを聴くことで脳波からアルファ波を出させて、眠るために心身をリラックスさせます。
タイトルとURLをコピーしました