レーシック手術後、眼圧が下がる原因

レーシック手術後の眼圧

瞳レーシックの手術を受けると、それまでよりも眼圧が下がるという話を聞いたことがあります。果たしてこれは、本当でしょうか?

眼圧低下の原因

レーシックの手術によって、なぜ眼圧が低くなるのでしょうか?
これは、単に数値上低くなっているだけで実際に低い訳ではないそうです。

これは眼圧を測定する眼圧計に、原因があります。

眼圧は「非接触眼圧計」という測定器で測るのが、一般的です。
この測定器は眼に空気を当てて、角膜の「へこみ具合」で眼圧を測ります。この測定では、一つ欠点があります。それは、「角膜の厚さ」に測定値が左右されてしまう点です。

つまり「角膜に厚み」があると眼圧が高くなり、薄いと低く測定されるということです。
レーシック手術は、角膜を削って屈折率を変える手術です。なので角膜が薄くなっており、そのために眼圧が低く測定されてしまいます。

もしも眼圧を測定することがあった場合には、正しい数値を測定するために、検査前にレーシック手術を受けていることを必ず伝えるようにしましょう。

眼圧

ところで

「眼圧?眼の圧力って何?」

 

と、疑問を持っている方もいると思います。

眼の中には角膜や水晶体といった組織があるのは、誰でもご存知だと思います。
これらの組織には、血管がないそうです。どのようにして機能を維持するかというと、房水(ぼうすい)という液体が血液の代わりに循環して、機能を維持しています。
この房水の圧力の数値を、眼圧と言います。

もっとわかりやすく物に例えるなら、ボールを想像してみてください。
ボールの中の空気が、房水です。
たくさん入っていれば眼圧が高くなる、ということです。