乾燥肌の原因・食生活の乱れ

コラーゲン不足

きちんとした食事を食べていないと、皮膚が必要としている栄養素を取ることができません。これでは、「皮膚に潤い」がなくなってしまいます。

豚足乾燥肌では、様々な成分が不足しているようです。不足している成分の中でも、コラーゲンやヒアルロン酸は重要な成分となります。

コラーゲンは、私たちの体内の「あらゆる部分」に含まれているタンパク質の一種です(皮膚・筋肉・血管・爪・目・髪・骨・歯などの部分に、含まれています)。
もしもこのコラーゲンが不足すると、乾燥肌だけでなくて「しみ・シワ」、さらには「関節痛」の原因にまでなります。

皮膚の真皮部分では、保水力の高いヒアルロン酸などがコラーゲンの隙間を「埋めるかたち」になっています。
もしもコラーゲンが減ってくると、真皮の容積が小さくなります。するとヒアルロン酸も減ってしまい、真皮中の水分量も減ります。そうなると「肌の張り」が失われてゆきます

カサカサな肌になって老けた印象にならないためにも、食生活の改善を始めてみましょう。

サプリメントで食生活を改善しましょう

乾燥肌のケアにおいては、「内側からケアして、外側からは簡単なスキンケアだけにする」という事が、理想的です。

体内に補給して、スキンケアの効果を期待できる成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸があります。これらの成分を補給するのに簡単な方法としては、サプリメントを摂取するという方法があります。

なお、コラーゲンだけを摂取しても、ヒアルロン酸などのムコ多糖体と呼ばれる保湿成分が不足しているなら、「水分を維持している若い肌」を保てないでしょう。
なのでサプリメントの摂取をする場合、コラーゲンとヒアルロン酸を一緒に取るほうが効果的だと思います。

成長期を過ぎた20歳代をピークに、保湿成分や皮脂がどんどん減っていきます。そして乾燥肌気味になっていきます。
30歳を過ぎた頃から「お肌の曲がり角」と言われるのは、このためかもしれません。

若々しい肌を保つためには、出来る限りコラーゲンヒアルロン酸を一緒に取ると良いです。