「肌荒れ」の原因となっている「化粧する事」

ファンデーションを厚く塗る事

化粧品のファンデーションは、紫外線や乾燥、ホコリなどから肌を守ってくれます。
ただし、ファンデーションを厚く塗る事を止めましょう
厚く塗ると肌が呼吸できなくなり、「肌荒れ」の原因となってしまうからです。

あと、ファンデーションを使っているとニキビができやすくなった、という人もいます。リキッドやクリーム状のファンデーションは、油分が多いです。なので、毛穴をふさいでしまいます。そのため、ニキビが出来る「きっかけ」になります。

ニキビが出来た場合、ファンデーションで隠したりしてはいけません。隠すよりも適切に治療しましょう。しっかりとニキビを治したい場合は専門医に診てもらい、薬を処方してもらいましょう。

日焼け止め化粧品

美肌の大敵・紫外線ですが、紫外線は夏だけにあるものと思っている人が多いかもしれません。実は、一年中あるものです。よって美肌のためには、毎日ケアが必要となります。「日焼け止め」を塗ってスキンケアしておきましょう。

日焼け止め化粧品は、紫外線をブロックする強い成分が含まれています。そのため、肌への負担が大きいです。日焼け止め効果の高い化粧品やウォータープルーフタイプの物を普段から使っている方は、それが「肌荒れ」の原因ということも考えられます。

肌に優しい成分を使いましょう

例えば日焼け止めクリームに使われている成分の中に、紫外線散乱剤という物があります。この紫外線散乱剤とは、「紫外線を跳ね返す働き」がある成分です。酸化チタンやカオリン、タルクや酸化亜鉛などがあります。

これらの成分は、肌に優しく刺激が少ない成分です。「SPF・PAが低い日焼け止め」に、多く使われています(ノンケミカルと表示されている物です)。短い時間の散歩や日常生活の中では、これらの成分が配合されている物を使いましょう。

無理やり「メイク汚れ」を落とす事

「メイク汚れ」ですが、無理やり落とそうとして強くこすったりすると、「肌荒れ」の原因になってしまいます。

「肌荒れ」を防ぎつつメイクを落とす方法の一つに、クレンジングオイルを利用する方法があります。クレンジングオイルを用いた「メイク落とし」については、基本的な使い方を守れば特に問題ないです。
適量のクレンジングを使う事、使用時に力を入れ過ぎない事、正しい手順で行なう事、これらを守っておけば、肌トラブルも起きないでしょう。

なおタイプ別に、使い方に違いはあります。例えばローションタイプの場合、コットンに染み込ませて使用します。クレンジングオイルやクリームタイプの場合、直接手に取って顔に馴染ませる事になります。
このような違いがありますが、基本とする手順は「ほぼ同じ」と考えて良いでしょう。
よりスムーズに「メイク落とし」ができるようになるために、クレンジングをうまく活用しましょう。

クレンジング料

化粧を落としている女性化粧品の多くには、油性成分が含まれています。その成分によって、肌に対する吸着性や使用感を高めています。
ただし、この「油性の汚れ」を落とす際、クレンジングが必要となります。

クレンジング料ですが、肌に対する刺激が「とても強い」と言われています。
クレンジングは化粧を落とすことが目的ですが、必要な水分や角質も落とす可能性が高いです。

もしかしたら「肌荒れ」の原因はクレンジングかもしれない?そう思ったら、クレンジング料を敏感肌用のクレンジングに代えてみて、その後、肌の様子を見ると良いでしょう。

ボディケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム