疲れ目の原因・パソコンの使用

疲れ目の原因と言える「パソコンの使用」

疲れ目

あなたはパソコンやスマートフォンを、一日どれくらい使っていますか?
仕事でパソコンを使う人の中には、一日6時間くらいパソコン画面を見て過ごしている人もいるようです。

一時的な疲れ目なら、その後改善すると思います。だけど「目の疲れ」がなかなか取れない場合は、もしかしたらドライアイが原因かもしれません。実際のところ、疲れ目を訴える人の多くはドライアイが原因だと言われています。

パソコン画面を見ることは、仕事や日々の生活に必要なことなので仕方がありません。しかし、同じ画面をじっと見続けていると「まばたき」の回数が減ります。これはドライアイの原因となります。

パソコンの使用によるドライアイ

近年、特にドライアイの要因と言われている事に、パソコンを始めとする電子端末の作業が挙げられます。

ドライアイとは、涙の量が少なくなったり、涙液の質が変化したりする事より起きる目の症状です。その症状は様々ありますが、

目がしょぼしょぼする、目が乾く、目が疲れやすい、目が重いという目の異常が、主な症状となっています。

人によっては、自覚症状がないそうです。ですが症状が進行すると「痛み」や「充血」「視力低下」に繋がります。

ドライアイの症状は、「目の疲れ」をさらに強めてしまいます。そして目が疲れたまま酷使し続けると、「肩こり」や「頭痛」、「吐き気」や「食欲不振」など、目だけでなくて全身の症状を起こしてしまうこともあります。

目を休ませましょう

パソコンの場合では、キーボードやマウスを頻繁に操作しています。その時に肩に力が入った状態になりやすく、しかもそれが長時間続くとなると、目や肩に結構な負担が掛かります。

さらに細かい文字を読み取る作業も行なうので、目が疲れてきます。目薬をさして、何とか疲れをごまかしている人もいるでしょう。
目薬も疲れ目対策になりますが、やはり目を実際に休ませる事が大切です。パソコンやスマホを使う際は、定期的に休憩するようにしましょう。

疲れ目の症状で、物がかすんで見えたり、目の奥のほうに「痛み」を感じる場合は、

軽いうちに目を休ませれば回復します。
予防医学の観点からも、全身症状が出る前に「目の疲れ」を治すことは良いと言えます。

近年では、予防医学の重要性が再び認識され始めています。たかが「目の疲れ」と思わないようにしましょう。疲れ目が原因の全身症状を招く前に、ゆっくりと目を休めましょう。大きな病気に進まないように、予防に努めてください。

休憩以外でも目の負担を軽減させるには、意識的に「まばたき」したり、「ディスプレイの位置」や「照明の明るさ」を調整したりしましょう。
その他では、ドライアイ用の点眼薬を用いたり目のマッサージを行なったりするのも、目の負担軽減に繋がります。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム