胸が小さい原因の一つ・女性ホルモンの分泌量が少ない事

なかなか胸が育たない……

「豊胸のマッサージやエクササイズをしているのに、その効果がほとんどない」
「豊胸のサプリメントを飲んでも、なかなかバストが大きくならない」
「豊胸のクリームを使っても、やっぱり効果が出ない」
 

このように思っている人はたくさんいる、と思います。バストを育成するには、やはり時間が掛かるようです。

胸が小さい原因

また、普段の生活において、胸が大きくなることを妨げている原因もあるようです。
効果が出ない原因を、いくつか挙げてみます(詳しくは専門医と相談してください)。

  • 下着が自分の体型に合っていない。
  • 姿勢が悪い。猫背である。
  • 「ひどい肩こり」を持っている。
  • 冷え性の体質である。いつも手足が冷えている。
  • 便秘になることが多い。
  • 運動を、ほとんどしない。
  • 極度のダイエットをしている。
  • 喫煙をしている。
  • コーヒーや紅茶などのカフェインを、取り過ぎている。
  • 日常生活において、リラックスする時がない。
  • 熱い「お湯」で入浴をしている。

上記に挙げた中の一つ・便秘について補足すると、便秘を解消することは、豊胸に必要な栄養を吸収できる体質になるという事に繋がります。豊胸を目指している人は、まずは便秘の解消に努めましょう。

女性ホルモンの分泌量が少ない事

多くの女性たちが抱えている「胸の大きさ」の悩みと言えば、やはり小さいことでしょう。胸が小さい理由は、きっと遺伝だと思う。だから、その解決方法は豊胸手術するしかない。こんな風に諦めている人も、いるかもしれません。

実はその原因には、女性ホルモンが関係しているそうです。

女性ホルモンが充分に分泌されていないと、乳腺の発達に悪い影響を与えます。

脂肪が胸に付かなくなり、そのため胸が小さくなります。女性ホルモンの分泌については、思春期から成人期に多く分泌されます。その分泌が多いほど乳腺が発達します。そして脂肪が胸に付いて、大きな胸になります。

多くの場合、胸は成長期に大きくなります。しかし、この時期に頻繁にスポーツをしていたり、大きなストレスを抱えていたりすると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。充分に分泌されません。
そうなると、脂肪が胸に付きません。そのまま未発育の状態になってしまいます。豊胸のためには、女性ホルモンを活性化させることが大切と言えます。

プエラリアのクリーム

クリーム美容製品

クリーム美容製品のイメージ画像

ここでは豊胸の効果を期待できる美容製品を、ご紹介したいと思います。

おすすめな製品の一つは、プエラリアのクリームです。このようなクリームの主成分は、天然のプエラリア・ミリフィカだったりします。とても安全な豊胸用クリームと言えます。

プエラリアとは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じように、「バストアップ効果の働き」があると言われています。
その他の効果として、シワやセルライトを解消する効果も期待できます。

ちなみに、単に胸を大きくすれば良いとは言えません。美しい形のまま、つまり美乳である事を保ちつつバストアップするほうが良いです。

理想通りにバストアップしたいなら、バストアップのクリームだけに頼ってはいけません。毎日の食事や睡眠などを良好な状態にして、女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。
例えば美しい胸になるのに、「空揚げ」や「ローズヒップティー」という食品が良いそうです。それらを食べたりして美乳を目指しましょう。